世界中が注目するゲームの見本市 E3エンターテイメントツアー!2019年6月開催☆

世界中が注目するゲームの見本市 E3エンターテイメントツアー!2019年6月開催☆

世界中が大注目のE3で、本場のエンターテイメント市場に触れてみませんか?

E3って何?

e3E3(Electronic Entertainment Expo)とは、コンピューターゲームの世界有数の見本市で、世界でもトップレベルのクリエイターやゲーマー、企業が集まり、最新の情報や製品について一気に知ることができるイベントです。
ここでしか体験できない最新の製品や、有名クリエイターや企業とのコネクションも作ることができ、世界各国からゲームに精通する人材が集まります。

日本では会えない海外のゲームクリエイターや、日本の超有名ゲームクリエイターと至近距離で会えるまたとないチャンスで、ゲームが好きな人もちろん、これからコンピューター業界やエンタメ業界で活躍したいと考えている人必見のイベントです。
 

このツアーに参加するメリット

1. ゲームクリエイターとの距離が近い!

日本では会うことのできない海外のゲームクリエイターや、日本の超有名ゲームクリエイターと至近距離で会うことができます。
過去には、世界一売れた(※ギネス認定)ソフトの『スーパーマリオブラザーズ(スーパーマリオシリーズ)』、また『ゼルダの伝説シリーズ』の生みの親である宮本茂氏や、『星のカービィシリーズ』『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』で知られる桜井政博氏、他にもアメリカで大ヒットした『メタルギアシリーズ』監督の小島秀夫氏、その他『ドラゴンクエストX・XI』の齊藤陽介氏、『ファイナルファンタジーXIV』の吉田直樹氏など名物ブロデューサーの方々もいらっしゃったとか。
同じ道を志す仲間や先輩たちとも交流を深めるチャンスです!

2. 日系のメーカーも多数出展!

任天堂・ソニー・バンダイナムコ・セガアトラスといった、日本が誇るビッグ企業も出展予定。就職活動で興味がある方も、勉強のチャンスになるかもしれません。

3. ゲーム業界人の案内付き!

秘密が多く、開催直前にならないと情報が出てこないE3ですが、実際にゲーム業界で働くアメリカ人が、フレンドリーに案内をしてくれます。友だち感覚でどんどん質問しちゃいましょう!

4. カレッジコンペティションを訪問!

同世代のゲームクリエイターがこぞって参加するカレッジコンペティションを通訳付きで訪問!同世代だからこその人脈を作るチャンスかも!?

5. 宿の手配からE3パスの購入までまるっとお任せ!

自分で手配するのは航空券だけ。パス&宿泊&通訳などなど、まるっと込みでのパッケージツアー実施は弊社のみ!宿の手配からE3パスの購入までお任せください。また、航空券は自由に取って頂けるため「もっとLAの他の場所も観光したい」「E3の前後にアメリカの他都市を回りたい」方もOK。ご自身で旅行も兼ねたスケジューリングをしていただけます。また、勉強のついでにロサンゼルス観光も楽しみたい場合は、オプショナルツアーもご利用いただけます。

こんな人にオススメ!

  • 将来、ゲームクリエイターやエンジニアになりたい。
  • 海外で働くことに興味がある。
  • アメリカで活躍するクリエイターたちに出会ってみたい。
  • コミュニケーション能力をあげたい。
  • 1人でE3に行くのはちょっと不安。
  • どうせ行くなら人脈を広げたい。
  • ついでにロサンゼルス観光したい。

 

E3エンターテイメントツアーのプログラム内容

丸3日間にわたるE3参加

計3日間にわたってE3を堪能します。会場はとても広く、超人気のブースは6時間待ちになったこともあったとか(!)
分からない事があればスタッフが丁寧にお教えいたしますので、ひとりで没頭するもよし、新しく出来た仲間と見て回るのも良し、各々自由に3日間を過ごしてください。
ゲーム業界人とのツアーもお楽しみに☆

ここでしか手に入らない、激レアオリジナルグッズもゲットできるかも!?
▲昨年配布されたグッズ『ファイナルファンタジーXIV』の特大バッグ(約75cm×60cm)や『戦場のヴァルキュリア4』の帽子など

▼2018年の様子

E3カレッジコンペティションを見学

E3カレッジコンペティションは、アメリカ国内の専門学校・大学に所属し、ゲームを作っている18歳以上の学生であれば誰でも個人・チームを問わず参加できる大会です。オリジナリティ・創造性・技術力を評価され、優勝賞金は約300万円、決勝進出者5組は約60万円を獲得できます。
そして何より業界に自分の作品・スキルを売り込む大チャンスということで、ゲーム業界を志す人たちの熱量はハンパない!!!会場では、決勝進出5組の作品が実際にプレーできます。
この機会にぜひ、未来の有名クリエイターに会いに行きましょう!

▶2017年に400チームの争いを勝したシベックくん。なんとコンセプトから制作、プログラミングまですべて全部ひとりで行ったんだとか!「日本のゲームも大好きだから、いつか日本のゲーム会社でも働いてみたい」と言っていました!

ワーナー・ブラザーズ スタジオツアー

warnerせっかくのアメリカ滞在時間を無駄にはしません。ロサンゼルスと言えば映画。初日のE3会場に入る前に、ゲームと並び、密接に関係するエンターテーメントである映画についても楽しみながら学べるよう、ワーナー・ブラザーズ スタジオツアーをご用意しております。

1918年に設立されたWarner Brothers Studioは、「カサブランカ」「風と共に去りぬ」「マトリックス」「ハリーポッター」など、歴史に残る映画を多く輩出しています。

スタジオツアーでは、映画やテレビ番組の裏側を見学。ロサンゼルスに位置する広大なスタジオで、ハリウッドのスケールの大きさを体感でき、2012年のLA WeeklyのBestスタジオツアーにも選ばれるなど、地元の住民と観光客に愛されているツアーです。

STAGE 48 映画製作のすべて

ワーナー・ブラザーズ スタジオ内にあるステージ48では、ハリウッド映画製作のプロセス、プリプロダクション・プロダクション・ポストプロダクションの3つの過程をインタラクティブに学ぶことができます。
ツアーの後半には、歴代のWB映画が受賞したオスカー像や歴史に残る小道具(映画ダーティハリーでクリント・イーストウッドが使用した44マグナムなど)が展示されているレガシールームにも立ち寄ることができ、ツアーの最後にはハリーポッターシリーズの杖のレプリカなどが購入できるお土産店にも立ち寄ります。

Warner Brothers VIPツアー

warner知識が豊富で楽しいガイドと共に、様々な映画やテレビ番組で使われる野外・屋内セットを訪問。
ラスト・サムライ、ミリオン・ダラー・ベイビー、ダークナイト・ライジング、スパイダーマン、マスク、フレンズ、メン・イン・ブラック等

ワーナー・ブラザーズ博物館

実際に映画で使われた衣装や小道具を展示中。(時期ごとに変更あり)。
ダークナイト・ライジング、インセプション、マトリックス、ラストサムライ、ダークシャドウ、ハリーポッターシリーズ他。

ディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどオプショナルツアー

E3だけではもったいない!自由行動も充実したものにということで、ご希望に応じてオプショナルツアーもご用意しております。エンターテイメントの街LAを存分にお楽しみください。

もっとある!当プログラムのオススメポイント

15年以上の実績を持つアメリカ現地企業が企画・運営

シリコンFB広告
シリコンバレーITビジネス研修

ライトハウス・キャリア・エンカレッジは2000年の創業以来、アメリカでの学生向け研修の企画・運営を15年以上行っています。当E3エンターテイメントツアーをはじめ、企業インターンシップ型研修、シリコンバレーITビジネス研修、ハリウッドビューティー研修、ラスベガスエンタメ研修など、アメリカらしさを感じられる各分野の研修を実施し、毎年1,000~1,200人の学生を受入れています。

親会社は全米で生活情報誌を発行する『Lighthouse』

親会社であるライトハウス社は現地日本人・日系人向けの生活情報誌『Lighthouse』を1998年にロサンゼルスで創刊し、現在ではサンディエゴ版、シアトル・ポートランド版、ハワイ版を毎月発行。さらに、年2回発行している増刊号は東海岸や中西部を含む、全米の都市で配布しています。約30年に及ぶ、アメリカの日系社会とのネットワークや『Lighthouse』の歴史に裏打ちされた信用が、当社の海外研修プログラムに活かされています。

過去、200名以上が参加!

今回で7回目の開催となる当プログラムは、過去200名以上の参加者にご好評いただいており、数々の専門学校や大学からも支持を得ています。今年も、既に83名の参加が決定しており、大変ご好評いただいております。
<参考>
●2016年度 51名
●2017年度 43名
●2018年度 61名
 

ツアー概要


場所:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス国際空港(LAX)集合・解散

期間:
5泊7日:2019年6月10日(月)日本出発・LA着~6月15日(土)LA発・16日(日)日本帰国

旅程:

日付 曜日 スケジュール 食事&宿泊
6/10 日本出発~ロサンゼルス空港着(同日)
ロサンゼルス市内観光、E3パス入手
ホテルチェックイン&現地オリエンテーション
昼:―
夜:―
ホテル泊
6/11 ワーナーブラザーズ・スタジオ訪問
・『ダークナイト』や『ハリーポッター』シリーズで有名な映画スタジオに訪問し、映像制作の裏側を探ります。
【E3見学】1日目
・初日は会場で受付を終えてから会場内に入ります。
・昼食はコンベンションセンター内で各自お取りいただきます。
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
6/12 【E3見学】2日目
・昼食はコンベンションセンター内で各自お取りいただきます。
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
6/13 【E3見学】最終日
・昼食はコンベンションセンター内で各自お取りいただきます。
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
6/14 【自由行動日】
・ディズニーランド、ユニバーサルスタジオなどオプショナルツアーをお楽しみください。
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
6/15 フライトの出発時刻に合わせてホテルを出発し、空港へ移動します。
ロサンゼルス国際空港(LAX)発
(機内泊)
6/16 日本到着(翌日)

宿泊場所:
レジデンス イン バイ マリオット トーランス(Residence Inn by Marriott Torrance)

レジデンス イン バイ マリオット トーランス食事:バイキングスタイルの朝食付き
ホテル内施設:プール&スパ、フィットネス施設、バーベキュー施設、ビジネスセンターほか
住所:3701 Torrance Blvd, Torrance, CA 90503, USA
☎ 1-310-543-4566
Webサイト

参加費用:
・5泊7日:$1,760(パス代込み)
※宿泊施設(ホテル)は3名一室となります。
※航空券は含まれません(参加者各自で手配していただきます)。
※E3のパスが売り切れになった場合、お申し込み後でもキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

参加資格:
日本の大学・短大・専門学校に在学する学生(学年不問)、社会人

企画・運営会社:
ライトハウス・キャリア・エンカレッジ(Lighthouse Career Encourage USA Corporation)


申し込みから参加までの流れ

申し込みから渡米までの流れ:
1. 申し込み
申し込み締切日までに必要書類の提出

2. プログラム費用のご入金(申し込み1週間後)
入金のご確認ができ次第、パスをおさえにいきます。万が一、売り切れの際はキャンセルとなりますので、予めご了承ください。

3. 航空券手配
各自、ロザンゼルス空港までの往復航空券をご手配ください
※直前のご手配になると航空券が高騰いたしますので、できるだけお早めに申し込みいただくことをお勧めいたします。

※2019年の受付は終了しました※

過去の参加者の声

実際に当ツアーに参加した学生の皆さんに、感想・コメントをいただきました。

・尊敬するプロデューサーや監督の話が聞けて、さらにサインとツーショットまで撮っていただき感激しました!!!
・行列に並んでも、他の人のプレイをみて楽しめました。やってみたかったゲームはもちろん、思いもよらないゲームがプレイできたので満足です!
・東京ゲームショウとE3、日本と世界の規模の違いを知ることができました。特に、現地の客層や雰囲気の違いを知ることができて、アメリカはじめ海外で制作されているゲームの傾向なども実感することができました。
・カレッジコンペティションでは、ほぼ同い年だと思えないほど大人っぽい見た目の学生たちと、ものすごく尖ったアイデア、ハイクオリティな作品に驚かされました。特に、リズムゲームと格闘ゲームを組み合わせた作品は、リズムを叩いているだけで繰り広げられる白熱の攻防とプレイヤーを飽きさせない山場の必殺技が魅力的で、プレイヤーに楽しんでもらいたいという制作者の思いが伝わってきました。
・作品の見せ方はどのようにすれば盛り上がるのかどうかを学ぶことができたので、これを今後の作品制作に生かしていきたいと思います!
・面白いゲームが多かったし、何のエンジンで作っているか聞けた!他校の人の話も聞けたので、参考になることをたくさんシェアできてよかったです。
・海外の人達の反応を生で見ることができたのは大きいと思ったので、自身が世界に向けた作品を作るならどのように手を加えていけばいいのかを知り、生かしていきたいです。
・同世代の他の国の人がどんなゲームを作っているのかとても興味深かったです。各タイトルどれも個性的で、コンセプトや開発のきっかけ、期間、人数等バラバラで、質問していて飽きなかった!
・質問していくうちに、自分との差にとても焦りを感じました。制作に対する熱意や技術力が今の自分とは段違いで、今のままではいけないなと思わせられました・・・。質問内容と今の自分を比較して、自分には何が足りないのか、何をするべきなのか、制作するときにどれだけの時間をかければいいのか、しっかり見極めていきたいです!
・アメリカのエンターテイメントは日本以上のものがあるということ、ワーナーブラザースのまるで町のようなスタジオや、E3に企業がかける熱量の多さなど、アメリカのエンターテイメントにかける情熱は日本以上のものだと感じました。
・言葉が通じることが少ない中、勇気を持ってアメリカの人々と話したり、他の専門学校や他クラスの人との関わりから「人と接する勇気」を得られたと思います。
・アメリカの人々は初対面の人や大勢の人に話しかける時もフレンドリーで気さくに話しかけてくれました!このように心に壁を作らずに接することができるのはとても大切だと思いました。
・改めてコミュニケーションの重要性を感じ、帰国後も今回外国人の方と交流した経験を生かして、積極的に意見や質問などができるようになれればと思います。

 

よくあるご質問

1. 英語力は必要ですか?
研修ツアー実施中、基本的には弊社スタッフが通訳しますが、訪れる場所の情報収集はしておいたほうが、より充実した見学となります。

2. 治安は大丈夫ですか?
滞在先は日本人が多く住むトーランスというエリアで治安は良いとされています。研修ツアー中は基本団体行動なので問題ありません。

3. 現地費用はいくらぐらい必要ですか?
昼食:4回$15×4 + 夕食:5回$20×5=$160 …こちらに各自お土産代を足した額が平均的です。

4. 自由時間はありますか?
はい。基本的に夕刻以降は自由時間となります。ホテル近く(徒歩圏内)にショッピングモールや軽食が取れるショップがあります。また徒歩が難しい範囲については、過去参加の学生はUber(ウーバー)など、便利で話題のカーシェアリングサービスを使って行動されています。

5. 誰でも参加できますか?
はい。参加資格を満たせば、どなたでも参加可能です。
 

E3エンターテイメントツアーカテゴリの最新記事