体験談:アパレルショップでインターン(専門学校1年生)

体験談:アパレルショップでインターン(専門学校1年生)

インターンシップ体験談:アパレルショップ

日本外国語専門学校アジア・ヨーロッパ言語科 1年生(参加当時) 田中真緒さん

アパレルショップでのインターンシップ体験談(田中真緒さん)

参加理由

  • 日本とアメリカの働き方の違いを知りたかったから
  • 英語を使って働いてみたかったから
  • 異文化に触れ、理解を深めたかったから

参加する前に思っていたこと(不安だったこと)

  • ホストファミリーとしっかりコミュニケーションが取れるか
  • インターンシップ先まで自分で行けるか
  • 時差などもある中でしっかり起きられるか
  • 食事は自分に合うか

インターンシップについて

実習先の日々の仕事

接客、検品、品出し、棚卸し、電話対応

実習先での1日の流れ

  • 朝9:45くらいに実習先に着き、9:50から掃除開始
  • 10:30にお店をオープンし、お客様が来たら明るく挨拶をし、何気ない会話をしながらお客様が楽な気持ちで買い物ができるよう担当者の方と一緒にサポート
  • お客様がいない時間は全て、洋服に触れている時間。陳列を変えたり、ハンガーメンテナンスをしたり、入ってきた商品を検品
  • 16:45には終了し、帰宅

実習で印象深かったこと、大変だったこと

  • 天気によってお客様の購買欲が全く違うことに驚きました。雨の日は全く売れないけど晴れの日には沢山売れるといったように。
  • 電話対応で相手の方の名前や会社名を聞き取るのが大変でした。話すペースがとても早いので最初は聞こえるような簡単な単語も聞くことが出来ませんでした。数をこなす事でだんだん落ち着いて対応が出来るようになりました。

実習中に最も努力したこと

「言われたことをそのままやるのではなく、自分だからこそできる何かをプラスアルファでやることで120%にして仕事をこなす」ということ。
ただ単に品出しをしたり検品をしたりすることは機械でも出来ることなので、自分は人間として何が出来るかを考え行動することに力を入れました。

実践例:服を畳んでほしいと頼まれたら
ただ畳むのではなく、お客様が見た時に綺麗でつい手に取りたくなるように1つ1つのサイズなどを揃えて綺麗に畳んだり、そのあとの陳列で、服の色合いや服の種類ごとに分けて見やすく陳列したり、頼まれていないことにまで気を配りました。
また、お客様にただ挨拶することは機械にも出来るけれど、お客様の見ている商品や持っているものによって、その方にあった声掛けは自分たちにしか出来ないと思ったので、服の原産国に触れた説明をしたり、子供がいそうなお客様には子供の年齢を訊き、それに合った子供用サイズの服を紹介したりしました。

ホームステイについて

良かったこと、大変だったこと

田中真緒_ステイ先での食事毎日ホストマザーが違うご飯を作ってくれて、日本では食べたことないものを沢山食べることが出来きました。また、そのおかげで好き嫌いが克服できました。
野菜全般食べることができず、サーモンやクリームチーズなども嫌いでした。
※写真は私が1番食べるのに時間がかかったものです。野菜にクリームチーズ、サーモンのトリプルパンチだったので..でも意外と美味しかったです。
しかし、ホストファミリー宅で出されるものは私が嫌いなものばかりで毎回食べられないというのは失礼だし、人の家では物を残さないと教わってきたので「食べてみて、本当に気持ち悪くなったりしてしまったら言おう」という気持ちで食べたら意外と食べることが出来ました。好きになったかというとそうではないのですが、アメリカに行く前まで持っていた苦手意識はなくなりました。

最初は会話のペースが早くついて行くのが大変でした。
毎日LINEでMotherとコンタクトを取っていたので「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」がしっかりできていて、お互いの行動をしっかり把握できました。

ホームステイで努力したこと

田中真緒さんとホストファミリー私が手土産で持っていった日本の和菓子についてとても興味を示してくれて、何で作られていて、どのように作るのかなどを訊かれたのですが、私の知識不足で答えることが出来なかったので、その日の夜に私があげた和菓子全ての作り方や材料を調べ、英語で1枚の紙に書いてまとめました。とても時間がかかり、大変でしたが私の伝えようという態度にとても感心してくれて、その紙や、和菓子の袋などを大切に保管してくれました。

本プログラムを体験してみて

田中真緒さん_休日の過ごし方(ディズニーランド)

本プログラムで得られたことと、今後の活かし方

自分で考えて積極的に動く力
社会人になったら、わからないから教えてくださいというスタンスは通用しないので自分で考えて行動してみて、間違えたら指摘してもらう。という姿勢を取れるようになると思います。

いま目の前にあることに全力で取り組む力
自分が納得のいく就職活動に繋げられると思いました。

人との繋がり
私は日本航空のLA支店長にお会いすることも出来、人との繋がりの大切さを強く実感することが出来たので、今後も今回の研修で出会った人達すべてを大切にしていくことで、いつまでもお互いに刺激を与え続けられるよき仲間になると思います。

このプログラムを後輩や友人に薦められそうですか?
Yesであれば、その方々へメッセージをお願いします!

Yes
このプログラムでは、自分が何を得ようとして参加したのか。目的がしっかりとしていれば得られるものが自分の想像の倍はあります。
学生の内に社会人になる心構えや準備も出来るのでとても貴重な経験になると思います。
中には私と同様に初めての英語圏で、不安や心配を抱えている人もいるかもしれまん。ですが、心配しなくて大丈夫です。しっかりと伝えようとすれば相手に伝わりますし、こちらの一生懸命な姿勢に相手も応えてくれます。
「自分がこのプログラムで何を学び、得たいのか」をしっかり考えて、実りの多い研修にして下さい。

体験談(企業インターン型研修)カテゴリの最新記事