体験談:家具・インテリアデザイン会社でインターン(大学1年生)※動画付

体験談:家具・インテリアデザイン会社でインターン(大学1年生)※動画付

インターンシップ体験談:家具・インテリアデザイン会社

関西学院大学国際学部 1年生(参加当時) 正木汐里さん

参加理由

私は海外で働くことが夢なので、このプログラムに参加すると色々と学べると思いました。実際に海外で働く日本人の方のお話を聞くことができたり、インターンシップ生として海外で働く経験ができるのがいいと思い参加を決めました。また、1年生で行くことでこれからの大学生活4年間の学びに繋げることができるし、今からいろんなことを経験していると将来のために役立つと思いました。

参加する前に思っていたこと(不安だったこと)

私はインターンシップをしたことがなかったので、どんな感じなのか・どんな仕事を任されるんだろうとワクワクしていました。しかし留学とは違い、インターンシップはビジネスの現場を経験するものなので自分の英語力がビジネスの場でどれくらい通じるのかが少し不安でした。

インターンシップについて

実習先の日々の仕事

正木汐里さんミーティングや営業に連れて行っていただいたり、簡単な資料を作成、サンプルの仕分け、お客様の対応、買い出しなどを行いました。
 
実習先での1日の流れ
まず朝会社に到着したら、植物の水やりや加湿器の準備などを行います。サンプルやカタログが散乱していたら、それをメーカーごとに整理します。その後、任されている課題の続きをしたり何か頼まれたことがあれば行います。そしてミーティングや営業の時間になったら一度自分の業務をやめて一緒に連れて行ってもらいます。ミーティングなどでほとんど1日会社の外にいる日もあれば、帰ってきてまた課題の続きをする日もあります。ランチは会社で食べることもあれば、社員のみなさんと外食することも多かったです。18時になると私の勤務時間は終わりなので帰ります。

実習で印象深かったこと、大変だったこと

正木汐里さん(クライアント先)
クライアント先に同行。オフィス家具の搬入前の最終確認でコンセントなど電源の位置などを確認しました。
印象深かったことは、営業やミーティングに同行させてもらったことです。今まで社会人の方々が日頃どう働いているのか見る機会はなく、今回人生で初めて会社のミーティングや営業に同席させていただきました。ミーティングの中ではそれぞれが自分のタスクを確認し、しっかり会社が回るように確認し、お互いの意見やアイデアも言い合いより良い会社作りをしているのが印象に残っています。また営業でも、相手のお客様に合わせたサンプルやカタログを選んでデザインを提案したり、いろんな工夫がされていて勉強になりました。
大変だったことは、私はエクセルが苦手なので表を作るのに時間がかかったことです。なので、学生の間にきちんと使いこなせるようにならないといけないと感じました。

実習中に最も努力したこと

私は実習最終日に行うプレゼンテーションに力を入れました。今まで学んだことを詰め込んで、さらにそこに自分のアイデアを入れ込んでいくことを意識しました。準備途中にアドバイスを貰ったりして自分の中では一番いいプレゼンテーションができました。プレゼン終了後も、社員の方達からよく伝わった、実際そのアイデアを使ってみようというお言葉をいただけてとても嬉しかったです。

正木汐里さん(実習先で)
オフィスで社員の皆さんと

ホームステイについて

正木汐里さん(ホストファミリー)
ホストマザーと
大変だったことは特にありません。私がホームステイしていたお家には、フランスからの留学生も二人いて高校生で年も近かったので、毎日楽しく過ごしました。いつもホストマザーが美味しいご飯を作ってくれてフランスからの女の子たちとおしゃべりしながらディナーをするのが楽しかったです。最終日はホストマザーがレストランに連れて行ってくれてとてもいい思い出になっています。

ホームステイで努力したこと

なるべく沢山話すように心がけて過ごしていました。せっかく英語を使う環境にいるのに、ずっと自分の部屋にいるのは勿体ないのでいつもホストマザー達とリビングで話していました。また、フランスからの子達もいたので日本とフランスお互いの文化について話したりして新しい発見もあり楽しかったです。

余暇の過ごし方

休日はディズニーランドに行ったり、ビバリーヒルズやメルローズアベニューでショッピングをしたり、フェスに行ったりとロサンゼルスを堪能しました。

正木汐里さん(休日)
大学の同級生や先輩方と大勢でビバリーヒルズへ
正木汐里さん(ディズニーランドで)
大学の友達とディズニーランドへ

本プログラムを体験してみて

本プログラムで得られたことと、今後の活かし方

正木汐里さん今回のプログラムに参加して沢山の人と出会いました。出会う人それぞれ価値観や仕事観も違い、自分の視野を広げることが出来ました。特に海外で働く社会人のお話を聞いたのが自分にとって一番印象に残っています。働く上で大切なことは、自分が楽しめる職業であったりスキルを活かせることだったり人それぞれ様々な考え方がありました。そして私が今回のプログラムを通して一番感じたことは、自分をしっかり持つということの重要さです。自分の意見を持つことはもちろん、何か周りとは違う自分の中にある特別なものを見つけ出すことも大切だと気付きました。これからの大学生活で、今回出会った方々から得た価値観・仕事観を自分のものにして将来につなげていいたいです。まずは自分はここが周りと違うとアピールできる何かを見つけたいと思います。

このプログラムを後輩や友人に薦められそうですか?
Yesであれば、その方々へメッセージをお願いします!

Yes
このプログラムは絶対に自分にとってプラスになるので、オススメします。海外で働くことを考えている人はもちろん、そうでない人もこのインターンシップを経験すると自分の視野も広がるし何か新しい発見はあるはずです。私自身まだ就職についてしっかり考えたことがなかったけど、今回のプログラムに参加して自分の将来について考えるようになりました。また今の自分に何が足りてなくて、大学でこれから何を学ぶべきかを見つけることができます。新しいことに沢山チャレンジする貴重な機会で、自分にとって刺激的な期間になると思います。是非みなさん行ってみてください。

体験談(企業インターン型研修)カテゴリの最新記事

説明会開催中!ご予約はこちらから