アメリカ・シリコンバレーITビジネス研修ツアー

アメリカ・シリコンバレーITビジネス研修ツアー
2019年も開催決定!
この夏休み、イノベーションの震源地「シリコンバレー」をリアルに体感してみよう。
ナマで見てみたい&イノベーション誕生の裏側を見たい、ITや起業に興味のある学生必見!(文系理系・英語力不問)

シリコンバレー

こんな学生にオススメ!

  • 1人でシリコンバレーを周るのはちょっと不安。。。
  • 有名企業の外観だけ見ても仕方ない。もっと深くシリコンバレーを知りたい!
  • 将来、起業家やエンジニアになりたい!
  • 海外で働くことに興味がある!
  • アメリカで活躍するビジネスパーソンや学生に出会ってみたい!
  • 就職後も役立つ卒業旅行をしたい!

 

1. そもそもシリコンバレーって何?

世界的有名企業はここから生まれた

シリコンバレーの企業
シリコンバレーとは、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコの内陸に位置する「サンタクララバレーおよびその周辺地域」の総称で、Apple本社のあるクパチーノ(Cupertiono)、Facebook本社のあるメンローパーク(Menlo Park)、Google本社のあるマウンテンビュー(Mountain View)などを含む、世界的に有名なIT企業の一大拠点です。

前述の3社はいずれも「世界の企業の時価総額トップ10(2018年6月時点)」にランクインしていて、Apple(9,269億USドル )、Alphabet/Google(7,664億USドル)、Facebook(5,415億USドル)と、知名度だけでなく、事業規模としても世界をリードしています。このほかにもYahoo!やテスラ、ツイッターをはじめとする日本でも有名な企業がここ、シリコンバレーから発祥しています。

シリコンバレーの有名企業

Apple
Google (Alphabet)
Facebook
Instagram
Yahoo!
Intel …半導体メーカー
Tesla
ORACLE
Netflix …映画・ドラマなどの動画配信サービス、動画制作会社
Hewlett-Packard Company(HP、ヒューレッド・パッカード) …サーバ・パソコンなどの製造・開発
Adobe …ソフトウェアメーカー
ebay
Electronic Arts …ビデオゲーム開発・配信サービス
Lime …自電車・電動スクーターのシェアリングサービス
Go Pro
Linkedin …ビジネス向けのSNS
Evernote …ノートのクラウドサービス
Pandora …音楽配信サービス

さらに、サンフランシスコには
twitter
yourube
UBER
airbnb …民泊サービス
Dropbox
Pinterest
Lyft …自動車配送サービス
Yelp …レストランを始めとするローカルビジネスのレビューサイト
Square …オンライン決済サービス
などが本社を構えています。

*Amazon、Microsoftの本社はワシントン州シアトルですが、もちろんシリコンバレーにもオフィスがあります。
*Zapposの現在の本社はネバタ州ラスベガスですが、元々はサンフランシスコの発祥です。
*日本発祥のmercariのオフィスはサンフランシスコにあります。
 

毎年約2万の新しいスタートアップが生まれている

シリコンバレーのイノベーション
シリコンバレーでは、毎年17,000~18,000社が生まれ、うち半数以上が1年以内に消滅していると言われています。なぜ、そんなに多くの企業が誕生し続けることができているのでしょうか?

それは、シリコンバレーにしかない“世界の新しいビジネス・テクノロジーを応援する仕組み”が存在し、世界中から超一流の人材・テクノロジーが集まっているからです。例えば、全米の投資のうち約4割がシリコンバレーの企業に集中していると言われ、起業家たちが元手資金を持たずともイノベーションに挑戦できるようになっています。また、スタンフォード大学をはじめとする教育機関、お金や時間のかかる基礎研究を担う研究機関、弁護士や会計士、ワークシェアオフィスなど、資金面以外でもスタートアップを支援し、彼らがイノベーションに集中できる環境がつくられているのです。
 

2. 「シリコンバレーITビジネス研修ツアー」とは?

シリコンバレーITビジネス研修ツアー
2018年参加者の皆さん

当ライトハウス・キャリア・エンカレッジの「シリコンバレーITビジネス研修ツアー」は、参加者の皆さんにグローバルな視点を持ち、新しい価値観と成長を感じていただけるよう、下記3つの大きな柱で構成されています。

1. イノベーションの聖地シリコンバレーの理解を深める
シリコンバレーの歴史、そしてなぜこのエリアからイノベーションが創出され続けるのか体験型研修を通じて学びます。

2. 様々な一流の人・企業と出会える
まだ自分の未来がはっきりと決まっていない方も、多様性を重視するシリコンバレーで様々な価値観に巡り合うことで、新たな刺激を得られます。

3. 全国各地から集まった大学生と交流できる
異なるバックグラウンドを持つ日本人学生がシリコンバレーに集結。チームに分かれ最終日にグループ・プレゼンテーションを行います。

▼2018年参加学生が制作したムービーをYoutubeでご覧いただけます!
シリコンバレーの街並みやツアー風景など、より具体的にイメージいただけます。

 

プログラム内容

このツアーでは、現地に行くことでよりリアルにシリコンバレーを感じることができ、実際にシリコンバレーで活躍されている方達の話を聞くセミナーもプログラムに用意しています。社会人との交流やプレゼンテーションの場もあるので、コミュニケーション能力を発揮することもできます。さらに、サンフランシスコの観光もあるので、新しくできた仲間とさらに絆を深められることでしょう!

1. シリコンバレー・イノベーターサミット

01-イノベーターサミット今現在、シリコンバレーで活躍する起業家や投資家をゲストに招きます。彼らのシリコンバレーとの関わりを、実体験を元にお話いただきます。また、シリコンバレーには欠かせない、イノベーションを応援する仕組みについても、ここで理解を深めることができます。
※ゲストが英語スピーカーの場合は、日本語通訳が入ります。
※イノベーター:起業家やベンチャー投資家など革新者のことを指します。

2018年夏のゲストスピーカー
Tomasz Kolodziejak 氏(アントレプレナー)
Tomasz-Kolodziejak2013年にクラウドファンディングサイト、Kickstarterで始まり世界中のメディアで取り上げられたスマート・アイマスク【Neuroon】の創設者兼元CFO。ホテルや航空会社との大型契約を結んだ営業の手腕&IoT業界に対する知識を買われ現在は新しくArioのビジネスにフォーカス。Arioは、ユーザーの行動を認識し、睡眠パターンに合わせ光をコントロール出来るスマートランプ。現在学生寮・病院などB2Bにフォーカスした事業開発を行っている。
Arioサイト
Ron Drabkin 氏(シリアルアントレプレナー兼エンジェル投資家)
Ron-Drabkinシリコンバレー在住のシリアルアントレプレナー兼エンジェル投資家。インテルで生産管理の仕事に従事した後、 生産管理ソフトウェアのスタートアップを創業し、VCより$15Mを調達。4年後に中国企業に売却。 その後、オンライン弁護士サービス等のJust Answer(売上$125Mに成長)、教育プラットフォームのOpen Ed(Google, Microsoftとの争奪戦の結果、教育NPOが買収)等に参加、経営陣として事業の成長に貢献する。また、オラクルをスポンサーとした公立高校D-Tech High Schoolの設立(米国初)等、イノベイティブな取り組み多数。
Open Edサイト
D-Tech High Schoolサイト
西条 祐介 氏(ベンチャー投資家)
西条祐介大手メーカー系システムインテグレーターにてエンジニア及び新規事業開発に従事。新規事業開発の一環でシリコンバレーの現地法人に出向し、海外事業の開発やM&Aを行ったあと、投資家からお金を預かって、良い技術や商品・起業家に投資するVC(ベンチャーキャピタル)という職業にに出会う。VCこそが自分の天職ではないかと感じるも、任期を終えて一度帰国。VCになりたいという強い思いから帰国後はリクルートホールディングスでベンチャー投資を専門に行う部署に転職。2度目の駐在を果たした。駐在から3年半で日系のVCの中では最もアクティブな企業に成長させ、代表取締役に就任。2018年より、アメリカ人パートナーと独立し、Counterpartを設立。一日数十件に及ぶスタートアップとの面会やテレカンを行い、新しいベンチャーを発掘・投資案件を探している。

​2. スタートアップ支援施設、Plug & Playを訪問

02-PlugandPlay新事業を開始したばかりの企業を支援するインキュベート施設。安価な賃料で入居できることもあり、起業家はここで新たな発想、事業を展開していきます。
特にPlug & Playは各国の首相や大臣なども見学に訪れるほど注目されています。今、Plug & Playには世界中からの300社以上もの企業/団体が入居。日本人ITビジネスコンサルタントが、シリコンバレーの歴史や業界の成り立ち、そして現状をわかりやすく説明した後、施設をご案内します。

【田村淳のBUSINESS BASIC】にも登場!
ここPlug & Play は2016年に、BSジャパン【田村淳のBUSINESS BASIC】で取り上げられました! ロンドンブーツの田村淳さんはシリコンバレーで有名企業を訪問。番組では特別企画として、『田村淳がシリコンバレーとつながる日』と題したパネルトークをPlug & Playで開催! 有名起業家たちがなぜシリコンバレーにきたのか等、シリコンバレーの魅力を語りました。

3. スタンフォード大学へ訪問&キャンパスツアー!

04-Stanfordニュース誌TIMEが選ぶ【世界トップ大学】で世界第2位に選ばれたスタンフォード大学のキャンパスに訪問します! 産学連携の体現者でもある大学を実際訪問することにより、アメリカの学びの環境を体感できます。
「西のハーバード」とも呼ばれるスタンフォード大学は、HP(ヒューレッド・パッカード)創設者やグーグルの創設者ラリー・ペイジなど数々の起業家を輩出している超有名大学。2005年にスティーブ・ジョブズが行った有名なスピーチ「Stay Hungry. Stay Foolish.(ハングリーであれ。愚か者であれ。)」はスタンフォード大学の卒業式の式辞として行われたものです。

スタンフォード大生がガイド
スタンフォード大学院生がキャンパス内を案内実際にスタンフォード大学の大学院に通う日本人学生によるキャンパスツアーも。大学の歴史をお話しいただきつつ、キャンパスを巡ります。ランチもスタンフォード大学内の学食でとるため、アメリカで学生になった気分に♪

オリジナルグッズをお土産に
スタンフォード大学ショップその後はブックストアへ。ブックストアと聞くと本屋が連想されますが、スタンフォード大学のブックストアではお土産も購入できます。大学の限定グッズもここでGET!

4. グローバルディスカッション《学生フォーラム》

05-StudentForumこのツアーに参加している学生と、現地で学ぶアメリカ人学生や日本人留学生の仲間達とディスカッション。学校生活や部活動、キャリア・職業観、また将来の自分像などについて互いに語り合い、異文化交流を行います。同年代の学生から日本とは異なる考え方を聞くことで、新しい発見・良い刺激を得られるはず!

5. アメリカで活躍する日本人とディスカッション《社会人フォーラム》

06_CareerForum現在シリコンバレーで活躍される社会人の方を囲み、ツアー参加者それぞれのキャリアに対する考え方、将来の夢を語り合います。アメリカで働く様々な業種・職種におけるビジネスパーソンの経験談から、多くのことを学ぶことができます。
このディスカッションは、7名の学生に1名のビジネスパーソンがつき、20分単位でローテーションする形式となります。アメリカで働くことに興味がある学生は、アメリカの社会の『ホンネ』を知ることができるこの機会に、どんどん質問してください。

​6. 有名IT企業を見学

GoogleパブリックスペースIT業界に関心のある学生にとっては聖地とも言えるIntel(博物館)、Google、Appleなどの有名企業を見学します。
※基本はパブリックスペースの見学です。

7. 『Apple Ⅰ』も展示! コンピュータ歴史博物館へ

アップル Ⅰ
『Apple Ⅰ』

コンピュータの歴史に触れて・見て・学ぶことができる博物館。コンピュータの形を成す前の”計算機”から、現在のIT技術までの歴史を辿ります。中には触れることができる展示品もあるので、貴重な体験になります。さらに、コンピュータゲームエリアではビデオゲームやパックマンなどで遊べる空間も。伝説の『Apple Ⅰ』の実物から、Googleの自動運転車まで、理系・文系問わず楽しめます。

8. 研修中の学びの集大成をプレゼンテーション

プレゼンテーション学びあったことを共有・共感する場になります。グループ単位でツアーを振り返り、《チームワーク力・コミュニケーション力・プレゼン力》の3つのスキルを駆使しながら、テーマに基づいた発表をします。テーマは事前にお伝えするので、滞在中に各グループで事前準備をして、いざプレゼンテーション!

9. 美しい街並み、世界のエネルギーを体感《サンフランシスコ・フィールドトリップ》

ゴールデンゲートブリッジサンフランシスコでは、ゴールデンゲート・ブリッジ、フィッシャーマンズ・ワーフなどの観光スポットを巡ります。当ツアーに出会った仲間たちとサンフランシスコでも思い出づくりを。日本人スタッフも同行するので、安心して見学できます。
 

シリコンバレーのエッセンスを凝縮!

旅行会社のパッケージツアーには含まれていない場所の見学や、個人旅行では交渉が難しい人たちとの交流を、当ツアーでは効率よく体験することが可能です。

視察場所
必要手配
個人で留学など
長期滞在
個人で視察旅行 旅行会社の
パッケージツアー
当社のツアー
大学
研究機関
投資家
サービス・プロバイダー
サポート機関
IT企業
ホテル
移動車両

もっとある!当プログラムのオススメポイント

大学の認定プログラムにも採用!

関西学院大学や立教大学では「海外研修」科目としてシラバスに掲載され、単位認定されています。

過去参加学生の所属校:関西大学 / 関西学院大学 / 近畿大学 / 國學院大學 / 上智大学 / 専修大学 / 中央大学 / 東京大学 / 東京理科大学 / 同志社大学 / 立教大学 / 立命館大学 / 早稲田大学 / Torrance West High(アメリカ現地高校)
過去の実績をみる

約20年の実績を持つアメリカ現地企業が企画・運営

ゲーム・クリエイター研修
ゲーム・クリエイター研修の様子

ライトハウス・キャリア・エンカレッジは2000年の創業以来、アメリカでの学生向け研修の企画・運営を約20年行っています。当シリコンバレーITビジネス研修ツアーをはじめ、企業インターンシップ型研修、ゲームクリエイター研修、ハリウッドビューティー研修、ラスベガスエンタメ研修など、アメリカらしさを感じられる各分野の研修を実施し、毎年1,000~1,200人の学生を日本から受入れています。

親会社は全米で生活情報誌を発行する『Lighthouse』

ライトハウス-サンフランシスコ特集親会社であるライトハウス社は現地日本人・日系人向けの生活情報誌『Lighthouse』を1998年にロサンゼルスで創刊し、現在ではサンディエゴ版、シアトル・ポートランド版、ハワイ版を毎月発行。さらに、年2回発行している増刊号は東海岸や中西部を含む、全米の都市で配布しています。約30年に及ぶ、アメリカの日系社会とのネットワークや『Lighthouse』の歴史に裏打ちされた信用が、当社の海外研修プログラムに活かされています。

 

3. 過去の参加者の声

実際に当ツアーに参加した学生の皆さんに、参加理由や感想、今後参加する方へのアドバイス・コメントをもらいました。

同志社大学理工学部機能分子・生命化学科3年生(参加当時)Y.H.さんシリコンバレーツアーに参加した目的
個人的に難しいイメージを持っていた起業ですが、実際に起業家の方々がどんな風に起業を考えているのか知りたかったからです。また、化学系の自分にとってはあまり関係ないITの事について何か知識が得られると思ったからです。
 
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
起業家の方のお話を聞いて、企業をスタートアップする事は思っていた以上に簡単に感じられたことです。また、アメリカで仕事をしている日本人の方々とお話できたのは貴重な経験でした。

シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
とにかく、「まずはやってみる!」という姿勢です。新しい事を始めて、もし失敗してもそもそも何も失うものなど何も無くて、逆に経験を得られるという考え方です。始める前にウジウジ考えて何もできずにいた自分が、まずはやってみようという姿勢で新たな事に向き合う事が出来るようになったと思います。そして、やってみようとした結果、視野を狭める事なく、最終的に自分はどうするのか判断できるようになった気がします。

参加を考えている人たちへ
もし、参加しようか迷っていたら、「まずはやってみる」って感じで参加しちゃえばいいと思います! 参加して後悔する事はないです。ノリで参加した僕が保証します。そうすれば、参加したからには何かしら得ようとして、100%、200%もこの研修の良さを引き出せると思いますよ!

同志社大学3年生(参加当時)Y.H.さん

松下紘平さんシリコンバレーツアーに参加した目的
トップベンチャーが生まれる環境を見たかったという理由が一番です。
 
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
現地で活躍している日本人の方達との交流会は勉強になり、非常に印象深いです。自分もこれぐらいすごい人になりたいと思えました。

シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
人の価値観や考え方が多様だと気づけたことです。今回、他大学の学生や現地の起業家の方、スタンフォード大学の学生など、様々な人に会い、それぞれ違った思いを持ち人生を歩んでいるということを実感しました。この経験から自分はこれから就職し様々な社会人と関わっていく上で個々の考えを認め、尊敬していけると思います。

参加を考えている人たちへ
プログラムに興味があり、行くか迷ってる人は参加すべきです!
英語が話せない、友達がいないなど不安があるかもしれませんが申し込んでしまえば意外となんとかなります!きっと終わった時には大きな満足感が得られていると思うので是非参加してみて下さい!

関西学院大学3年生(参加当時)松下紘平さん

小谷健太朗さんシリコンバレーツアーに参加した目的
世界をリードする多くのIT企業がうまれたシリコンバレーを見てみたかったから。
 
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
直に、世界を発展させてきたシリコンバレーに行って、背景を学ぶことができたこと。また、私の中では現地で働く方々の話が一番心に残っていて、これからの自分たちのためになる発見ばかりでした。起業家や留学生の方々の話も、普段聞けないような内容で、とても勉強になりました。自分も皆さんのように、将来海外で働きたいと強く思いました。

シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
現地で聞いた話から、なんでもやりたいことをチャレンジする大切さを学びました。限られてる時間を有意義に使おうと思いました。

参加を考えている人たちへ
研修では、色々な方と話す機会があるのでとても良い経験になると思います。

近畿大学1年生(参加当時)小谷健太朗さん

 

4. 2019年夏休み シリコンバレーITビジネス研修ツアー(8/28~9/2)概要

サンフランシスコ
場所:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ国際空港集合・解散

日程:5泊7日 2019年8月28日(水)日本出発・SF着~9月2日(月)SF発・3日(火)日本帰国

シリコンバレーIT研修ツアーの日程(例)

旅程 日付 曜日 スケジュール 食事&宿泊
1日目 8/28 日本出発
サンフランシスコ空港着(同日)
ホテルチェックイン&現地オリエンテーション
ホテル泊
2日目 8/29 Plug & Play訪問
“エコシステム”イノベーターサミット
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
3日目 8/30 スタンフォード大学訪問
コンピュータ歴史博物館訪問
Intelミュージアム訪問
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
4日目 8/31 サンフランシスコフィールドトリップ
※シリコンバレーを作り出したサンフランシスコの歴史を学びながらアメリカ文化を体感
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
5日目 9/1 学生フォーラム
社会人フォーラム
振り返りピッチコンテスト
朝:〇
昼:―
夜:―
ホテル泊
帰国日 9/2 フライトの出発時刻に合わせてホテルを出発し、空港へ移動します。
サンフランシスコ空港発
(機内泊)
最終日 9/3 日本到着(翌日)

宿泊場所:
エンバシースイーツミルピタス シリコンバレー(Embassy Suites Milpitas – Silicon Valley)

エンバシースイーツミルピタス シリコンバレー食事:バイキングスタイルの朝食付き
ホテル内施設:フィットネス施設、屋内プール、レストラン、ギフトショップ、コインランドリーほか
住所:901 East Calaveras Boulevard, Milpitas, California, 95035, USA
☎ 1-408-942-0400
Webサイト

参加費用:
・5泊7日:1,913 USドル(宿泊費・現地交通費込)

※宿泊施設(ホテル)は3名一室となります。
※自由時間中の交通費は含まれません。
※航空券は含まれません(参加者各自で手配していただきます)。

企画・運営会社:
ライトハウス・キャリア・エンカレッジ(Lighthouse Career Encourage USA Corporation)
 

よくあるご質問

Google翻訳を活用

1. 英語力は必要ですか?
研修ツアー実施中、基本的には弊社スタッフが通訳しますが、訪れる場所の情報収集はしておいた方が、より充実した見学となります。
また、事前にスマホアプリのGoogle翻訳で日本語、英語の辞書をダウンロードしておくことで、オフラインでも翻訳機能が使えます。(写真は、英語の展示説明文をGoogle翻訳で写し翻訳された日本語を読んでいる様子)

2. 治安は大丈夫ですか?
滞在先はアジア人が多く住むミルピタスというエリアで治安は良いとされています。研修ツアー中は基本団体行動なので問題ありません。

3. 現地費用はいくらぐらい必要ですか?
昼食:4回$15×4 + 夕食:5回$20×5=$160 …こちらに各自お土産代を足した額が平均的です。

4. 自由時間はありますか?
はい。基本的に夕刻以降は自由時間となります。ホテル近くにショッピングモールがあり、過去の学生さんはウーバーなどを使って行動されています。

5. 誰でも参加できますか?
はい。どなたでも参加可能です。文系・理系も問いません。

参加までの流れ

1. 説明会(対面・オンライン)
2019年夏の説明会は全て終了しました。ご興味のある方には資料をお送りいたします。下記フォームよりご請求ください。
(2020年夏ツアーの説明会は、2020年6月頃から開催予定です。詳細は本サイトおよびFacebookでお知らせいたします。)

2. 申し込み
申し込み締切日までに必要書類をご提出ください。

3. 航空券手配(申し込み後すぐ)
各自、サンフランシスコ国際空港(SFO)までの往復航空券をご手配ください。

4. プログラム費用のご入金(申し込み1週間後)
費用の詳細は説明会にてお伝えします。
 

5. この特別な体験の第一歩は、説明会参加からはじまる!

今季の説明会は全て終了いたしました。
資料請求、個別の説明をご希望の方は下記フォームより送信ください。

連絡先 (必須)

※フォーム送信後、弊社から受付確認のE-mailを即時配信しております。
既にフォームを送信いただいた方で、まだ確認E-mailが届いていない方は、お手数ですが[ lceusastaff@gmail.com ]までご連絡ください。また、迷惑メールフォルダやプロモーションフォルダ等に弊社からのご連絡メールが入っていないか、併せてご確認をお願いします。

シリコンバレーIT研修カテゴリの最新記事