ロサンゼルス・教育ボランティア型研修

ロサンゼルス・教育ボランティア型研修

教育ボランティア型研修「アシスタント・ティーチャー・プログラム(AT研修)」とは?

ATの魅力(1)アメリカの教育現場(小学校)を学ぶ!

ロサンゼルス郊外、サウスベイ地区の公立小学校で担任の先生のアシスタント業務を通してアメリカの教育現場を学ぶプログラムです。「人種のサラダボウル」と呼ばれ、多種多様な文化や価値観が共存するカリフォルニアで生活しながら、英語で子どもと交流しつつ、教育の「プロ」である担任の先生のアシスタントとしてアメリカの教育・子どもに対する接し方を学ぶことができます!現地の子どもと毎日一緒に過ごしながら、担任の先生のオリジナリティに溢れた授業にアシスタントティーチャーとして参加してみませんか?

ATの魅力(2)アメリカの子どもと触れ合う!

現地公立小学校の担任の先生のアシスタント業務を担います。
例えば、教材作りのお手伝い、宿題や提出物の配布や回収、宿題の丸付けから始まり、手助けが必要な子どものサポート、図画工作の作品の展示、本の読み聞かせ、昼食時の補助、授業の見学、テストの監督、休み時間の監督、テストの丸つけ、などです。

過去の参加者の中には、子どもに折り紙を教えたい!日本の文化を紹介したい!と直接担任の先生に相談して授業の時間をもらったり、日本から事前準備して持ってきた展示物を飾ってもらい、子どもと仲良くなるきっかけを作ったりした方もいらっしゃいました。

受け身で先生からの指示を待つのではなく、自分から積極的に行動することが一番大切です!

ATの魅力(3)英語教育に関わる「2つのグローバル化」を肌で感じる!

言うまでもなく、日本人が海を渡り海外で働く機会は、以前に比べて飛躍的に増えました。海外に拠点を展開する、取引先をもつ、といった企業が増え、また企業だけでなくNPOやフリーランスなど、多様な海外との接点の持ち方がある今、日本人が英語を使って海外で活躍するシーンはますます増えていくでしょう。2020年の東京オリンピック開催も、こういう流れにさらに拍車をかけそうです。教育の業界でも、国際的な視野を持ち、日本を飛び出して海外の教育現場に立ったり、NPO、NGOなどに所属し国際的な教育問題に取り組んだりするなど、海外で活躍できる人材への期待が高まっています。

一方、さまざまな国から日本に来る外国人が増えるということもまた、グローバル化のもう1つの側面です。少子高齢化がますます進みお年寄りの割合が増えていく一方で、日本を支えなければならない働き手の人口が減っていく。そうすると、その働き手となってくる外国人の流入が増えていきます。このような外国にルーツを持つ子どもの増加に伴い、既に日本の教育現場では、異文化を理解し、多様な子どもたちへの指導・支援、周りの子どもへの指導を行うことのできる先生が求められるようになりつつあります。

当社のアシスタントティーチャープログラムでは、教育の業界において、日本人が海外で活躍する、日本国内に外国人を迎え入れる、その両方の側面から、グローバルに繋がる経験を得る機会を提供します。

こんな人にオススメ!

・将来先生になりたい
・教育に興味・関心がある
・子どもが好き
・アメリカの教育現場を見てみたい
・英語環境に飛び込んで英語を伸ばしたい
・海外でボランティアをしてみたい
・多種多様な文化に触れてみたい
・研修も頑張りたいし、アメリカンライフも楽しみたい

アシスタントティーチャープログラムの特徴

アメリカの教育の現場を体験する

アメリカの小学校で教育の「プロ」である先生たちの授業のアシスタントとして教育現場を体験することが出来ます。

カリフォルニアの小学校では、「キンダーガーテン (日本で言う幼稚園年長クラス 5~6歳)」と「グレード1~5 (小学校1年生~5年生)」が同じ敷地内で学んでいます。現地小学校の1日は、アメリカの国旗に向かって「忠誠の誓い」を皆で言うことから始まります。キンダーガーテンでは「読む・書く・聞く・話す」の基礎を学び、グレード1になると国語や算数などの教科ごとの授業が始まります。座学だけでは分からない教育の現場を体験することができます!

研修先となる現地小学校の例
トーランス学校区:Hickory Elementary School、Walteria Elementary Schoolなど
レドンドビーチ学校区:Beryl Heights Elementary School、Washington Elementary Schoolなど

毎日が子どもとの交流

「人種のサラダボウル」であるロサンゼルスの現地小学校には、もちろん様々なバックグラウンドをもった子どもが通っており、彼らと交流できることが特徴です。授業時間に加え、休み時間や昼食時の補助など、彼らと一日の大半を共に過ごすことに加え、自ら折り紙を教えたり、日本の文化を紹介するなど積極的に行動することによって、日本とは異なる文化的背景をもった子どもとの距離が近づき、より仲良くなることもできます。

日本では移民や外国人労働者が年々増え続けています。日本の幼稚園や小学校にも日本人でない子どもの受け入れが今後増える可能性が大きい中、こういった経験が将来に役立つことは間違いありません。

英語力を鍛える

日本の小学校では、2020年から小学校5~6年生で英語が正式教科となり、3~4年生では外国語活動を行うことが決まっています。また、私立の幼稚園では英語教育を取り入れているところが年々増えており、今や半数を超えているとも言われています。このように英語学習の低年齢化や英語に対する需要の拡大はますます進んでいるのです。

このアシスタントティーチャープログラムでは、もちろんクラス内言語も、コミュニケーションをとる方法も、全て英語になります。毎日子ども、先生たち、オフィススタッフ、保護者と英語で接することを通じて「生きた英語」「教育で使う英語」に触れ、学ぶチャンスに溢れています。

日本人スタッフのサポートがあるから安心

海外に行くこと自体が初めてだから心配…研修先でも上手くやれるかな…病気になったらどうしよう…という方もご安心下さい。日本人スタッフがロサンゼルス到着から日本への帰国まで完全サポートします!

到着後、ロサンゼルスの空港にスタッフがお迎えにあがります。その後、プログラムのオリエンテーションを行い、カリフォルニアとロサンゼルスの概要・研修の心構え・必要書類の記入アシスト・初日の流れ・バスの乗り方などをレクチャーいたします。その後も、週一回の定期報告で皆さんの状況を把握し、緊急時には日本語でサポートします。

放課後、休日はアメリカンライフを満喫!

研修はだいたい15:00~15:30くらいに終わるので、その後、夕食の時間まではフリーです!(*小学校や配属クラスによって終了時間は異なります。)ビーチに立ち寄ってインスタ映えする写真を撮ったり、ショッピングセンターに行ってお買い物をするなどアメリカンライフを満喫することができます。

また、ロサンゼルスには、ハリウッドやサンタモニカのような有名観光スポット、いくつものテーマパーク、アウトレットモールなど、一度は訪れておきたいところがたくさん。ぜひ休日を有効活用してください。

ホームステイでロサンゼルスライフを体感?それともMarriott系列のホテルに滞在?2つのコースから選べます!

滞在先はロサンゼルス南部のサウスベイ地区になります!サウスベイにはTOYOTA、HONDAの本社をはじめ日系企業が多数進出し、日本人駐在員、日系人が多数生活しており、ロサンゼルスの中でも非常に安全なコミュニティとして知られています。
選択コースによって、滞在方法は下記2種類に分かれます。

1. ホームステイ コース

「人種のサラダボウル」ロサンゼルスで実際に生活体験ができるコースです。
【食事】朝食・夕食がつきます。
【特徴】”多様性”の街ロサンゼルスらしく、ホストファミリーはヒスパニック系だったりアジア系だったりすることもあります。異国の地でホストファミリーと生活をすると言う事は、様々な刺激的な体験があなたを待ち構えているということです。食事1つとってもそうですし、生活環境も日本とは異なることも多いのでその国を知るきっかけになり、日本との生活を比較できるとても良い機会になります。ホストファミリーの生活や文化に触れながら、これまで学んできた英語を机の上ではなく、日常生活の中で存分に試してみてください!

2. ホテルステイ コース

Marriott系列の長期滞在型ホテルで過ごすことができるコースになります。
滞在先ホテル :Residence Inn By Marriott Torrance Redondo Beachを予定。
※当社の他の研修参加者との同室で、3名1部屋にてご利用いただきます。

【日程】2018年 2月 24日 (土) ~ 3月 11日 (日) まで
【特徴】長期滞在型ホテルなので、各部屋にコンロ、電子レンジ、冷蔵庫、食器洗浄機付のキッチンスペースがあり、自炊が可能です。ホテルのフロントがあるゲートハウスには自由に使える共有スペースがあり、日によってアメリカのホテル特有のソーシャルアワーと呼ばれる、他の宿泊者との交流イベントが行われます。また、敷地内には、BBQスペース(グリル2台)、バスケットコート、プール、ジム(全て無料)もあり、快適なホテルステイを送ることが可能です。
ロケーションも抜群で、大通りを一本渡ったモール内にスーパーマーケットがあり、自炊やBBQのための買い出しもできます。また、徒歩圏内に大型モール「デルアモ・ファッションセンター」があり、ショッピングも楽しめます。

体験談

関西大学2年生(当時)工藤真菜恵さん

1. ATプログラムに参加した目的はなんですか?
私がATプログラムに参加した目的は、語学留学と児童英会話講師のアルバイトで養った英語力と経験が本場アメリカの教育の場でどれほど通用するのか、世界レベルでの自分の実力を知ることと課題を見つけること、そして将来の可能性を広げることでした。LAでの経験を持ち帰り、そこで得た学びをアルバイト先で活かすことができればベストであると考えていました。

2. ATプログラムに参加する前に思っていたこと(楽しみだったこと、不安だったこと、その他etc)は何ですか?
現地の子供たちにとって、ある日突然自分たちのクラスにやってくる外国人は”よそ者”です。たった1ヵ月の滞在の中で、子供たちに受け入れてもらえるか心配でした。高校時代での留学生活において、一歩日本を飛び出せばアジア人差別や日本人差別は当たり前のように存在するのだということを身をもって知りました。人種のサラダボウルといわれるLAでは比較人種差別は少ないと聞いていましたがやはりその点は不安に感じていたところでした。しかしそれ以上に、お世話になる先生方と配属クラスの27人の子供たちに会える日が待ち遠しくて仕方なかったです。自分をどう表現しようか、せっかくだから日本の文化紹介も兼ねて折り紙教室の時間を設けてもらえたらな、アメリカの教育者である先生方から何を学ぼう…など様々な思いを巡らせ、たくさんイメージトレーニングをしながら出国当日までを過ごしていました。

3. 実習を行った先の学校と、実際行ったタスクを列挙してください。
私がお世話になった実習先はFern Elementary School です。業務は主に配属クラスの担任の先生のお手伝いで、学習の際にお手伝いを必要とする生徒への補助や授業中に取り組むプリントの丸付け、体調不良者やけが人の保健室への同行、集団行動の際の整列などでした。

4. 上記実習先での、1日の流れを教えてください。
基本的に一日は、
8:45 子供たちを迎え入れ、朝会
9:00~10:00 一時間目
10:00~10:30 スナックブレイク
10:30~11:45 二時間目
11:45~12:45 ランチブレイク
12:45~13:00 三時間目準備
13:00~14:20 三時間目
14:30~15:00 帰宅準備・帰宅

といった流れです。
授業では算数や英文構成、イベントに向けたクラフトを行いました。休み時間は子供たちと鬼ごっこやかくれんぼ、現地の子供たちの間で流行っている遊びやゲームを教えてもらって一緒にしていました。スナックブレイクでのおやつや、ランチもほとんど子供たちと一緒でした。先生方とコミュニケーションを取るために先生専用のラウンジでお話ししながらランチというシチュエーションもありました。

5. 実習で印象深かったこと、大変だったことは何ですか?
印象に残っていることは、一つの教室の中でたくさんの言語が飛び交っていたことです。もちろん第一言語は英語ですが、ほかにもスペイン語、フィリピン語、韓国語、日本語など、様々な言語が混在していました。ある日、メキシコから引っ越してきたばかりの女の子が新しい仲間としてやってきたとき、英語がわからず戸惑う彼女にスペイン語も話すことのできる別の女の子が通訳となって授業中の先生の指示を伝えてあげたり、休み時間に自分の輪の中にその子を入れて遊んだりする姿に感動しました。言語や国籍なんて関係なく、そういった助け合いが当たり前のようにできる環境こそ、子供たちの異文化理解や心の成長にも繋がるのだと強く感じました。日本の学校ではなかなか見ることのできない場面でした。

また、.実習で大変だと思ったことは、子供たちが喧嘩をしてしまった時の対処です。子供は些細なことですぐにもめてしまいます。ただでさえ速い子供たちの英語がさらに速くなるうえ、泣いてしまったり言葉足らずになってしまったりと私自身が状況理解するまでに時間がかかりました。かける言葉を間違えば子供たちを傷つけてしまうことにもなりかねないので、目の前で起こる小さな事件に一人で対応することができなかったシーンが数多くありました。子供の喧嘩には慣れているつもりでしたが、こういったところで言語が壁になってしまうこともあるのだと痛感しました。

6. 実習中に自分が最も努力したことは何ですか?
業務については上で述べましたが、実習先で与えてもらえるお仕事はわずかです。”自分の仕事や役割”は自分で作るもの。常にクラス全体に目を向け、気づいたことや自分にできそうなことは率先して行うようにしていました。自分がしても良いことなのか、判断に困ったときは先生に確認を取り一つずつ自分の役割を増やしていきました。目標は自分が実習先を去った後に「あ、この仕事はいつもManaeがしてくれていたな。」と思ってもらえる瞬間をできるだけ多く持ってもらうことでした。そのためには一つでも多くのお仕事を自分の役割にし、毎日継続していかなければなりません。たった1ヵ月、でも逆にとらえれば1ヵ月も一緒にいられる。この短期間に先生の中にも子供たちの中にも強烈な記憶として残ろうと日々を過ごしました。

7. ホームステイ先について、良かったこと・悪かった(大変だった)ことは何ですか?
幸運なことに、ホームステイ先で困ったことや悪いことは本当に一つもありません。私のホストさんは日系のご夫妻で、マザーの勤務先は私の実習先と同じで朝一緒に連れて行ってもらっていたため、ほかの実習生よりホストさんとのコミュニケーションの時間は長く、共通の話題も豊富であったと思います。平日休日問わず、夜遅くまでリビングでおしゃべりした記憶がとても濃いです。金曜日の夜はムービーナイト、休日はハリウッドやビーチの方に遊びに連れて行ってくださりました。帰るころには私のことを”our daughter”と呼んでくださり、「大学を卒業したらLAに帰ってきてこっちで働きなさいよ。」とまで言ってくださりました。たくさんの愛を受けた分、お別れのつらさはこの上なかったです。ホストさんとの思い出は語り尽くせませんが、私に素敵な出会いをくれたライトハウスさんには本当に感謝しています。今でも関係は変わらず、定期的にお手紙を送ったりメールなどでやり取りしています。近々お二人に会いに帰ろうかなと考えています。

8. ホームステイにおいて、努力したことなどはありますか?それは何ですか?
ホームステイで努力したことは、とにかく何でも参加することです。私が自分のお部屋にいた時間は寝ている時間だけでした。課題も勉強も、お部屋にこもらずすべてリビングのテーブルでするようにしていました。”そこにいる”だけで会話のきっかけは生まれますし、「一緒にいたい」という姿勢が伝わればホストさんも自分に関心を持ってくれます。また、家事のお手伝いも率先して行っていました。特にマザーが晩御飯を作るのをお手伝いしながらおしゃべりする時間が大好きでした。

9. 本プログラムで得たことはなんですか?また、そのことを今後どのように活かせそうですか?
ATプログラムで得たことは、経験だけではありません。日本とアメリカの教育方法の違いとそれぞれの利点と欠点を発見し、子供たちの教育者としてあるべき姿を見つけました。改善すべき点と今持っているものをもっと伸ばしていけるところ、現地に足を運び自分の目で見、肌で感じなければわからないことが多くありました。数ある学びの中で、私がもうすでにアルバイト先で取り入れ成功させることができた例は、できないことを叱るのではなく、できたことを褒めるアメリカ式”褒める教育”と”ご褒美教育”です。この二つは関係しているのですが、この教育法において大切なことはとにかく褒めることで、事の大小は関係ありません。子供たちは褒められると嬉しくなり、「また褒められたい。」と思うようになりそのことが彼らの向上心に繋がります。特に良いことができたり、難しい問題を解くことができた場合にはシールや文房具などを与えます。はじめは動機がそのご褒美欲しさや人がご褒美をもらっていることへの羨ましさでも、次第にそれが当たり前となり身についていきます。これを導入してから教室の雰囲気がうんと良くなり、子供たちもいきいきしているように思います。やめていく生徒さんの数も減りました。LAでの経験を100%活かすことができ、嬉しく思っています。

10. このプログラムを後輩や友人に薦められそうですか?Yesであれば、その方々へメッセージをお願いします!
ATプログラムは、海外で働いてみたい!教育関係のお仕事に興味がある!という方にはぜひ参加してほしいプログラムです。ほかの日系企業インターンに比べ日常生活すべてが英語となるので英語力を向上させたいという方にもおすすめです。こういった長期にわたるインターンも大学生の間にしかできないことの一つです。海外で働くなんて私には無理だなんて思わないで、少しでもやってみたいという気持ちがあるなら自分の視野と将来への可能性を広げるために勇気を出して挑戦してみてください。帰国後、自分の中で変化した部分、成長できたと思う部分を必ず見つけられるはずです。実習最終日に私が「あなたと一緒に働きたい。卒業したらFernに戻ってきてよ」と先生から言ってもらえたこの喜びを、1人でも多くの学生に味わってほしいです。

関西学院大学1年生(当時)金地優理子さん

1. ATプログラムに参加した目的はなんですか?
海外の小学校とはどのような教育をされているのかを知るため。海外の教育に興味を持ったため。また海外の生活をしてみたかったため。

2. ATプログラムに参加する前に思っていたこと(楽しみだったこと、不安だったこと、その他etc)は何ですか?
ロサンゼルスとはどのような土地なのか。子どもと会話したり、コミュニーケーションをうまく取ることができるだろか。ワクワクしてました!

3. 実習を行った先の学校と、実際行ったタスクを列挙してください。
トーランスの小学校にアシスタントティーチャーとして参加させてもらいました。先生の補助をさせてもらったり、授業がどのように進むのかを学んだり、日本文化を伝える授業を3回させてもらいました。また、算数の授業で先生が説明した後、席を回っている時に私も何人か子どもに計算の仕方を教えました。

4. 上記実習先での、1日の流れを教えてください。
エクササイズ、授業(中休みが20ぷん!!)、ランチ、授業、下校

5. 実習で印象深かったこと、大変だったことは何ですか?
コミュニケーションを取りたくても言葉の壁があったりした、最後にクラスTシャツと全員のメッセージカードをもらったののは宝物。ランチが自由で日本の高校みたいだったこと。

6. 実習中に自分が最も努力したことは何ですか?
自分から遊びの輪に入ったり、子供に話しかけたこと。

7. ホームステイ先について、良かったこと・悪かった(大変だった)ことは何ですか?
よかったこと→明るくて楽しい!
悪かったこと→ごはんが2.3日に一回しかいっしょに食べれなかったこと

8. ホームステイにおいて、努力したことなどはありますか?それは何ですか?
話そうとした。コミュニケーション取ろうと心がけた!

9. 本プログラムで得たことはなんですか?また、そのことを今後どのように活かせそうですか?
分が知りたかった海外の教育を知れたし、知らない場所で一ヶ月過ごすことは自分の甘えや状態に新たな光をくれました。出会った人との関係は一生ものにしたいし、海外で働く夢を叶えるためにこのプログラムに参加したことを思い出して挑戦していきたいです。

10. このプログラムを後輩や友人に薦められそうですか?Yesであれば、その方々へメッセージをお願いします!
やりたいことがあるのならぜひ参加してほしいです。楽しく、自分らしくやって見てほしいです!

「アシスタント・ティーチャー・プログラム(AT研修)」に参加するには?

AT研修の日程(例)

旅程 曜日 スケジュール 食事&宿泊
1日目 日本出発
ロサンゼルス空港着(同日)
現地オリエンテーション後、ホームステイ開始
ホームステイ泊
2日目 【自由行動日】
※この日のうちに周辺環境・通勤方法を各自で確認しておいてください。
朝:〇
昼:―
夜:〇
ホームステイ泊
3日目 【教育を知る】
※教育実習の開始日になります。
各にて実習先まで移動します。
実習先ご担当者様に挨拶を済ませ、そのまま実習を開始します
朝:〇
昼:―
夜:〇
ホームステイ泊
4日目~ 【教育を知る】
※各自にて通学しながら、現地学校にて実習を行います。
滞在及び実習期間はコースにより異なります。
土・日・祝日に関しては基本的にお休みになります。
朝:〇
昼:―
夜:〇
ホームステイ泊
帰国日 フライトの出発時刻に合わせてホストファミリー宅にお迎えに上がります。
その後、空港へ移動します。
ロサンゼルス空港発
(機内泊)
最終日 日本到着(翌日)

申し込みから参加までの流れ

対象:18歳以上(学年・年齢は問いません)

申込から渡米までの流れ:
1. 申込
申込締切日までに必要書類の提出

2. Web面談、航空券手配(申込後すぐ)
各自、ロサンゼルス国際空港までの往復航空券をご手配ください

3. プログラム費用のご入金(申込1週間後)
費用の詳細は説明会にてお伝えします

4. 最終Web説明会、インターンシップ型研修先企業のお知らせ(渡米約1か月前)

5. ホームステイ先のお知らせ(渡米約1週間前)

申し込みスケジュール
2018年春休み(2~3月):※申込受付は終了しました
2019年春休み(2~3月):2018年10月から説明会を開催予定

よくある質問

配属学年はどうなりますか?
基本的にキンダーガーテン(日本の幼稚園年長クラス/ 5~6歳)~小学校5年生 (6~11歳)のいずれかのクラスになります。トランジショナル キンダーガーテン(キンダーガーテンの準備クラス)やLearning Center(補助が必要となる生徒を対象にしているクラス)に配属になる場合もあります。
基本的に1つのクラスに1人の配属となります。
*学校・学年の指定はできません。

研修時間は何時から何時までですか?
Torrance 地区の小学校→8:30~15:00ごろ
Redondo Beach地区 の小学校→ 8:00~14:30ごろ になります。
*学校やクラスによって時間は異なります。
*アメリカの祝日はお休みになります。

食事はついていますか?
ホームステイの方は朝食と夕飯が含まれます。
ホテルステイの方は朝食が含まれます。
昼食については含まれませんので、ご自身でご用意していただきます。

小学校までの通勤方法は何になりますか?
主にバスと徒歩での通勤となります。
(バスの乗り方については到着後のオリエンテーションでご説明いたしますので、ご安心ください!)

AT研修 参加大学一覧(2014年~2016年の実績)

・愛知学院大学
・大阪外語専門学校
・華頂短期大学
・関西大学
・関西学院大学
・神田外語大学
・畿央大学
・九州ルーテル学院大学
・京都華頂大学
・金城学院大学
・相模女子大学
・四天王寺大学
・摂南大学
・南山大学
・早稲田大学

教育ボランティア型研修カテゴリの最新記事