振り返り発表会19

オンライン・シリコンバレーITビジネス研修

コロナ禍だからって、大事なチャンスを逃すな!
シリコンバレー・ITビジネス研修がオンラインで開催決定!

シリコンバレー

 

1. 「オンライン・シリコンバレーITビジネス研修」はこんな研修!

1. オンラインでも、シリコンバレーの様々な一流の人・企業と出会える

まだ自分の未来がはっきりと決まっていない方も、多様性を重視するシリコンバレーの様々な価値観に巡り合うことで、新たな刺激を得られます。

2. UCバークレーの大学生・全国各地の大学生とグループワークで共同プロジェクトを!

異なるバックグラウンドを持つ日本人学生と、UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)に通う学生がオンライン上で集結。ランダムに組まれたチームに分かれ、毎日の研修の振り返り、そして最終日にはUCバークレー生とも協力しあってアイデアソンを行います。こんな時だけど、オンラインで日米が繋がることができるメリットを活かしながら、アメリカの学生と共同プロジェクトを通じて交流できるのは、この研修の魅力!

3.イノベーションの聖地シリコンバレーの理解を深める

シリコンバレーの歴史、そしてなぜこのエリアからイノベーションが創出され続けるのか体験型研修を通じて学びます。温暖な気候と多様性もイノベーションに大きく関係するとか。現地の熱い様子を詳しく聞いたらますます本場に行きたくなるかも!今年はオンラインで事前勉強をして、日米の渡航が再開されたら次の行先にいかがですか?

2. 「オンライン・シリコンバレーITビジネス研修」スケジュール

日程 : 8/31(火)~9/4(土)

日程 1日 4時間 × 5日間 *すべて日本時間午前予定
1 8/31
(火)
参加者オリエンテーション 自己紹介1分間ピッチ
グループ顔合わせ
カリフォルニア大学バークレー校の学生と交流ディスカッション
シリコンバレー・ビジネスエコシステム概要 from Plug and Play
グループアウトプット①
2 9/1
(水)
スタンフォード大学模擬授業 「デザイン思考」
グループアウトプット②
3 9/2
(木)
GAFA社員ゲスト講演およびQ&A
シリコンバレー起業家ゲスト講演およびQ&A
グループアウトプット③
4 9/3
(金)
シリコンバレー投資家ゲスト講演およびQ&A
ビジネス・IT業界プロフェッショナルフォーラム
カリフォルニア大学バークレー校の学生とキャリア観についてのディスカッション
グループアウトプット④
5 9/4
(土)
アイデアソン趣旨説明
カリフォルニア大学バークレー校の学生とアイデアソン
研修全体まとめ

※ゲストの都合で一部スケジュールが入れ替わる可能性があります。

 

3. このプログラムの注目ポイント!

このプログラムでは、オンラインでも現地の熱気そのままに、リアルにシリコンバレーのビジネスを感じることができます。シリコンバレーでの盛んなイノベーションを語る上で欠かせないシリコンバレーの「独特なエコシステム」を紐解くすべてのキープレイヤーの方々の話を聞いて本場の様子を想像してみましょう。下記で紹介している他に、シリコンバレーで生まれたイノベーションをサポート・見守り続けるインキュベーションセンターPlug and Playのお話や、名門・スタンフォード大学の模擬授業、IT・ビジネス業界で活躍される社会人との交流もあり、盛りだくさんの内容になっています。個人ではなかなか交渉が難しい人々との交流を、この研修では可能にします!

 

1. あの有名IT企業で働く方の講演!Googleパブリックスペース

シリコンバレーといえば真っ先に浮かぶのが大手IT企業。Google、Apple、Facebook、Amazonなどの有名企業で働く日本人にお話を伺い、シリコンバレーのリアルを紐解いてみましょう。

過去参加下さったGAFA勤務の方のお話①:「シリコンバレーでは、スタートアップでも、GAFAのような巨大企業でも働くことを経験しました。今までのキャリアの中でも最も巨大な企業の中でスタートアップとの違いや、いかに巨大な組織をマネジメントとするかということについて日々とても勉強になります。将来またスタートアップに戻ることも考えていますが、この大きな違いがとても良い経験になると感じ、日々やりがいを感じています。」

過去参加下さったGAFA勤務の方のお話②:「世界中からここへ集まる優秀な同僚から毎日刺激を受けています。また日々、自分の業務の中で、実際の世の中のデータと世界でも最新のインフラを使って誰も体験したことのないような新しいことを学べ、開発出来ることが仕事のやりがいです。技術が好きなのでしばらくはエンジニアを続けながら、技術がどう世の中を変えていくのかを見届けたいと思っています。」

2. シリコンバレーの起業家・投資家からの講演

01-イノベーターサミット現在、シリコンバレーで活躍する起業家や投資家をゲストに招きます。彼らのシリコンバレーとの関わりを、実体験を元にお話いただきます。また、シリコンバレーには欠かせない、イノベーションを応援する仕組みについても、ここで理解を深めることができます。
※ゲストが英語スピーカーの場合は、日本語通訳が入ります。

2019年夏リアル研修時のゲストスピーカー例

Tomasz Kolodziejak 氏(アントレプレナー)
Tomasz-Kolodziejak2013年にクラウドファンディングサイト、Kickstarterで始まり世界中のメディアで取り上げられたスマート・アイマスク【Neuroon】の創設者兼元CFO。ホテルや航空会社との大型契約を結んだ営業の手腕&IoT業界に対する知識を評価され現在は新しくArioのビジネスにフォーカス。Arioは、ユーザーの行動を認識し、睡眠パターンに合わせ光をコントロール出来るスマートランプ。現在学生寮・病院などB2Bにフォーカスした事業開発を行っている。
Arioサイト
David Emerson 氏(投資家)
Davide Emersonシリコンバレー在住の投資家。25年以上にわたりシリコンバレーの企業の成功を見守ってきた同氏は、ハーバード・ビジネススクールやバークレーエンゼルコミュニティのメンバーでもある投資会社【Greendale Ventures】の最高責任者を務める。シリコンバレー・ベイエリアに存在する様々な企業で役員・顧問・アドバイザー・投資を行ってきた。シリコンバレーで生まれるスタートアップに早い段階(アーリーシード)での投資を行い、現在はSkydeck、Venturenest、Vofoxon、Bit6等で企業アドバイザーを行っている。
Makoto Yasuda 氏(Rakuten Viki COO)
Makoto Yasudaシンガポール発祥のストリーミングサービスであったRakuten Vikiは、2013年に楽天グループが買収。同氏は15年以上楽天にて経営戦略に携わり、シンガポールのVikiではGMを務め、アジアほぼ全域での事業開発に成功した。アメリカでのVikiは現在同氏が最高執行役員を務める。日本をはじめとするアジアや、アメリカで数多くの映像作品をストリーミング出来るプラットフォームを展開。ただ動画を見るだけではなく、楽天のアセットを活かしたマーケティングや戦略や広告、語学習得ツールなどVikiを通じた様々なアプローチにおいて現在日々経営戦略、データ・チーム管理、資金調達までマルチに活躍している。

 

3. UCバークレー生&日本全国の他大学生と共同プロジェクト!

05-StudentForumこの研修に参加している他の参加学生と、現地で学ぶアメリカ人学生や日本人留学生の仲間達と毎日ディスカッション。日々の研修の学びをアウトプットするのはもちろん、学校生活や部活動、キャリア・職業観、また将来の自分像などについて互いに語り合い、異文化交流を行います。同年代の学生から異なる考え方を聞くことで、新しい発見・良い刺激を得られるはず!最終日には日米の学生が、協力し合ってアイデアソンに挑戦します!

UCBUCバークレー:カリフォルニア大学バークレー校とは、1868年に創立され10校から成り立つカリフォルニア大学システム(UCシステム)の発祥の地であり、最も古い歴史を持っています。東の超難関群の「アイビーリーグ」と肩を並べ西の「パブリックアイビー」の一つとして名門大学に認定されています。文武両道として深く知られ、起業家はもちろん、ノーベル賞受賞者、有名アスリート、オリンピックメダリストを輩出、同じベイエリアにある名門スタンフォード大学とは学問・スポーツ・ビジネスにおいて常にライバル関係にあります。シリコンバレー近郊に位置するため多数のIT・コンピュータ関係の企業から出資を受けて研究や開発に力を入れています。

4. 最終日は、研修中の学びを活かしたアイデアソン!

学びあったことを共有・共感する場を毎日設けています。またシリコンバレーで生まれるイノベーションの秘訣を知れる研修にしていますので、その秘訣をもとに、出会った仲間たちと最終日にはアイデアソンに挑戦しましょう。皆さんの学生生活の中に潜む、「課題」を「解決」する新しいアイデアをこの研修で得た考え方に従って、創造してみましょう!

研修後には《チームワーク力》《コミュニケーション力》《プレゼン力》の3つのスキルはきっと上がっていることプレゼンテーションでしょう。UCバークレーの在学生とも協力しながら、いざプレゼンテーション!

 

4. 過去のリアル研修参加者の声

今回は、オンラインでの開催になってしまいますが、過去に、現地を訪問するツアーに参加した学生の皆さんに、参加理由や感想、今後参加する方へのアドバイス・コメントをもらいました。

同志社大学理工学部機能分子・生命化学科3年生(参加当時)Y.H.さん同志社大学3年生(参加当時)Y.H.さん
シリコバレーツアーに参加した目的
個人的に難しいイメージを持っていた起業ですが、実際に起業家の方々がどんな風に起業を考えているのか知りたかったからです。また、化学系の自分にとってはあまり関係ないITの事について何か知識が得られると思ったからです。
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
起業家の方のお話を聞いて、企業をスタートアップする事は思っていた以上に簡単に感じられたことです。また、アメリカで仕事をしている日本人の方々とお話できたのは貴重な経験でした。
シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
とにかく、「まずはやってみる!」という姿勢です。新しい事を始めて、もし失敗してもそもそも何も失うものなど何も無くて、逆に経験を得られるという考え方です。始める前にウジウジ考えて何もできずにいた自分が、まずはやってみようという姿勢で新たな事に向き合う事が出来るようになったと思います。そして、やってみようとした結果、視野を狭める事なく、最終的に自分はどうするのか判断できるようになった気がします。
参加を考えている人たちへ
もし、参加しようか迷っていたら、「まずはやってみる」って感じで参加しちゃえばいいと思います! 参加して後悔する事はないです。ノリで参加した僕が保証します。そうすれば、参加したからには何かしら得ようとして、100%、200%もこの研修の良さを引き出せると思いますよ!
松下紘平さん関西学院大学3年生(参加当時)松下紘平さん
シリコバレーツアーに参加した目的
トップベンチャーが生まれる環境を見たかったという理由が一番です。
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
現地で活躍している日本人の方達との交流会は勉強になり、非常に印象深いです。自分もこれぐらいすごい人になりたいと思えました。
シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
人の価値観や考え方が多様だと気づけたことです。今回、他大学の学生や現地の起業家の方、スタンフォード大学の学生など、様々な人に会い、それぞれ違った思いを持ち人生を歩んでいるということを実感しました。この経験から自分はこれから就職し様々な社会人と関わっていく上で個々の考えを認め、尊敬していけると思います。
参加を考えている人たちへ
プログラムに興味があり、行くか迷ってる人は参加すべきです!
英語が話せない、友達がいないなど不安があるかもしれませんが申し込んでしまえば意外となんとかなります!きっと終わった時には大きな満足感が得られていると思うので是非参加してみて下さい!
小谷健太朗さん近畿大学1年生(参加当時)小谷健太朗さん
シリコンバレーツアーに参加した目的
世界をリードする多くのIT企業がうまれたシリコンバレーを見てみたかったから。
シリコンバレーツアーで印象深かったこと、面白かったこと
直に、世界を発展させてきたシリコンバレーに行って、背景を学ぶことができたこと。また、私の中では現地で働く方々の話が一番心に残っていて、これからの自分たちのためになる発見ばかりでした。起業家や留学生の方々の話も、普段聞けないような内容で、とても勉強になりました。自分も皆さんのように、将来海外で働きたいと強く思いました。
シリコンバレーツアーで得たこと、今後の活かし方
現地で聞いた話から、なんでもやりたいことをチャレンジする大切さを学びました。限られてる時間を有意義に使おうと思いました。
参加を考えている人たちへ
研修では、色々な方と話す機会があるのでとても良い経験になると思います。

5.オンライン・シリコンバレーITビジネス研修概要

サンフランシスコ

 

参加費用:
5日間:$500($1=¥110の場合、55,000円)

※通信費・光熱費は参加者負担になります。

企画・運営会社:

ライトハウス・キャリア・エンカレッジ(Lighthouse Career Encourage USA Corporation)

約20年の実績を持つアメリカ現地企業が企画・運営

ゲーム・クリエイター研修
ゲーム・クリエイター研修の様子

ライトハウス・キャリア・エンカレッジは2000年にロサンゼルスで創業して以来、アメリカでの学生向け研修の企画・運営を20年以上行っています。カリフォルニアにある在米の会社で、社員も全員カリフォルニアに在住しているからこそ、現地のネットワークやコネクションを活かし、現地の魅力を最大限に活かしたプログラムを作ることが可能です。当シリコンバレーITビジネス研修ツアーをはじめ、企業インターンシップ型研修、ゲームクリエイター研修、ハリウッドビューティー研修、ラスベガスエンタメ研修など、アメリカらしさを感じられる各分野の研修を実施し、毎年1,000~1,200人の学生を日本から受入れています。

親会社は全米で生活情報誌を発行する『Lighthouse』

ライトハウス-サンフランシスコ特集親会社であるライトハウス社は現地日本人・日系人向けの生活情報誌『Lighthouse』を1988年にロサンゼルスで創刊し、現在ではサンディエゴ版、シアトル・ポートランド版、ハワイ版を毎月発行。さらに、年2回発行している増刊号は東海岸や中西部を含む、全米の都市で配布しています。30年以上に及ぶ、アメリカの日系社会とのネットワークや『Lighthouse』の歴史に裏打ちされた信用が、当社の海外研修プログラムに活かされています。

リアル研修は、大学の認定プログラムにも採用!

2019年までコロナ以前に現地を訪問して行われていたリアル研修は、関西学院大学や立教大学では「海外研修」科目としてシラバスに掲載され、単位認定されていました。

過去参加学生の所属校:京都大学大学院、金沢大学、関西大学、関西学院大学、近畿大学、甲南大学、國學院大學、国際医療福祉大学、上智大学、専修大学、中央大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、同志社大学、法政大学、山梨県立産業技術短期大学校、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学、Torrance West High(アメリカ現地高校)
過去の実績をみる

よくあるご質問

1. 英語力は必要ですか?
研修実施中、英語話者の講演は基本的には弊社スタッフが通訳しますが、現地大学生との交流など英語力があればより楽しめるプログラムもあります。情報収集や辞書や単語アプリなどのご準備はしておいた方が、より充実した研修になります!

2. 5日間、20時間すべて参加しなくてはなりませんか?
すべてのプログラムに参加してこそ、シリコンバレーへの理解が深まります。5日間すべての参加をお願いしています。

3. 通信アプリはなんですか?
現在、Zoomを検討しています。

4. 休憩時間はありますか?
はい。基本的に、講演の合間に休憩を取ります。

5. 誰でも参加できますか?
はい。どなたでも参加可能です。文系・理系も問いません。

参加までの流れ

1. 説明会(オンライン)
Zoomにて、無料説明会を行います。下記フォームよりご希望の時間帯にてお申込みください。

2. 申し込み
申し込み締切日までに必要書類をご提出ください。

3. プログラム費用のご入金(申し込み1週間後)
費用の詳細は説明会にてお伝えします。

4. 事前課題
事前に簡単な課題(動画鑑賞等)をお願いします。

 

まずは、お気軽にオンライン説明会から

この研修に参加するには、下記日程で開催するオンライン説明会(無料)に参加していただく必要があります。
もちろん、研修への参加は説明会に出てから決めればOK。無理な勧誘もありません。

オンライン説明会日程

  • 7/31(土) 11:30 ~ 12:30 (受付終了)
  • 8/1 (日)    10:30 ~ 11:30 (受付終了)
  • 8/7 (土)    11:30 ~ 12:30 (受付終了)
  • 8/8 (日)    10:30 ~ 11:30 (受付終了)
  • 8/14(土)   11:30 ~ 12:30  (受付終了)
  • 8/15(日)   10:30 ~ 11:30 (受付終了)

オンラインシリコンバレー・ITビジネス研修説明会お申し込みフォーム


    ※フォーム送信後、弊社から受付確認のE-mailを即時配信しております。
    既にフォームを送信いただいた方で、まだ確認E-mailが届いていない方は、お手数ですが[ lceusastaff@gmail.com ]までご連絡ください。また、迷惑メールフォルダやプロモーションフォルダ等に弊社からのご連絡メールが入っていないか、併せてご確認をお願いします。