CATEGORY

体験談(ロサンゼルス・インターンシップ型研修)

体験談:文化施設でインターン(大学2年生)

1番の理由は実際に海外で働くという経験をしてみたいと思ったからです。このプログラムを見つけるまでは留学という選択肢も考えていましたが、ロサンゼルスでインターンシップというめったにできない経験に魅力を感じて参加を決めました。また、実際にインターンシップとして仕事をすることで将来の仕事の選択肢を広げたいと思ったのも一つです。将来海外で働きたいという思いが少しあったので実際にインターンシップとして働いてみることで海外で働くとはどういうことなのかということを体験したいと思ったのも理由の一つです。

体験談:家具・インテリア販売と設備設計施工を行う企業でインターン(大学1年生)

私が最も努力したことは、自発的な行動です。 私の主な業務内容は、現場への同行やエクセル作業で、その空き時間に最終日の課題として出されていたプレゼンテーションの作成を行うことでした。 私は建築学部で、工事途中の現場に非常に興味があり、いろいろな現場へ同行したいという気持ちから、プレゼンテーションの作成は家で進められるだけ進めて、現場に行かれる社員さんが声をかけてくださったら必ず同行できるようにしました。 現場までは車での移動だったので、いつも作業をしていらっしゃる社員さんとお話ができる貴重な時間を無駄にしないように、気になることや、興味のあることをたくさん質問させていただきました。

体験談:課題解決型コースインターン(大学2年生)

良かったことは実地研修先のインターン生と仲良くなれたことです。私は課題解決型に参加したので、ずっとホテルステイでした。インターン生のみんなの好きな音楽やアルバイト先、大学の単位が危ないなど本当に色んなことを話していました。みんなのバックグラウンドについて知ることが出来たし、それぞれ今までに色々な経験をしているから同世代でもみんなのことを尊敬できるんだ!と同時に刺激にもなりました。

体験談:テレコミュニケーション事業会社でインターン(大学3年生)

日本以外で「働く」経験をしたことがある人はなかなかいないと思います。留学や旅行では経験できない自分のキャリアを大きく成長に繋げてくれる機会に溢れています。この貴重な経験は絶対に将来に役立つし、忘れられない経験になると思います。英語力や海外経験などを経験していなくても、このインターンは誰であっても挑戦できるし、誰でも得ることができない経験をできる時間です。自分の世界を広げることはとても面白いので、ぜひ挑戦してみてください。

体験談:アパレルショップでインターン(大学3年生)

異なるバックグラウンドで生きる人々との対話を通じて新たな価値観を獲得し、自分の視野を広げたかったからです。私は自分に自信がなく、周りと比較しながら中学〜高校時代を過ごした結果、何をしていても「意見を持てない」ことが悩みになりました。海外では日本よりも自分の意見を求められることが多くなると予想されるので、その度に「自分はどう思うか」考え続けながら、客観的に自分を見ることで素の自分と向き合える時間を作りたいと考えました。これをチャンスだと思い、初めての留学経験をこのプログラムに決めました。

体験談:輸入・販売会社でインターン(大学2年生)

ホームステイ先には、いろいろなバックグラウンドを持つ人がいました。中華系アメリカ人のホストファミリー、台湾出身の姪っ子さん、韓国人の会社員の方と、アジアの様々な国から集まった家でした。このため、文化的な面でアメリカのことも各々の出身国のことも体験できたり聞くことができたりしたし、日本のものも教えてあげたりできたことがよかった点かと思いました。また、このようにアジア各地からの人がアメリカで集合するこの風景はLAの象徴で、実感できたこともうれしかったポイントです。

体験談:日系コミュニティNPOでインターン(大学1年生)

とにかくいろいろな人と話しました。みんなとても親切な人だし、何かしら日本と関係のある人であったため、話しやすかったです。施設の利用者は日系1世の方もたくさんおり、日本語で話しかけてもらえることも多かったです。中でも学校では習ったことのないような日系人の苦労や日米関係について、実際に戦争を経験された方からお話をしてもらい、自分の無知を恥じたことが印象に残っています。

体験談:車両サービス会社でインターン(大学3年生)

海外で働くためには、「文化を理解し受け入れること」が重要であることを学びました。ビジネス研修やインターンシップを通して海外で働くためには、英語を話せることではなく、「文化を理解し、受け入れる」ことの方が重要であることを感じました。このことから、海外で働くためにまずは文化を理解し、受け入れた上で英語力を伸ばしていきたいです。また、ビジネス研修では、海外で働く方法について知ることができたのでキャリアプランの形成に活かしていきたいです。

体験談:アパレル企業でインターン(大学3年生)

参加前は海外で1か月間も過ごすことができるということがすごく楽しみでした。また、一か月という一見すれば短い時間の中でありながら、すごく充実した濃い経験を積んで大きく成長して帰ってくるのだろう、という期待もありました。しかしながら、自分一人で申し込んだので友達ができるのか、また、自分の英語力で仕事や生活はできるのか、という不安も少しありました。

体験談:輸入・販売会社でインターン(大学2年生)

実地研修中で最も努力したことは、自らアクションを起こし何かを発見、掴みに行くことです。3週間という長期のプログラムではありますが、ただ与えられたことをこなすだけでは得られるものは少ないと感じたため、自主性も持って業務に取り組むことを心がけました。

体験談:不動産会社でインターン(大学2年生)

ロサンゼルスという誰もが聞いたことのある街で、幼少期の時からディズニーチャンネルや海外ドラマを見ていた私にとってすごく憧れの土地だったので、渡航前は楽しみという感情でいっぱいでした!また、大学で中国語を専攻しているのですが、ロサンゼルスにはアジア系の方がとても多いと聞いていたので、中国語上達させる機会だ!と期待してました。

体験談:文化施設でインターン(大学3年生)

現地に到着するまでは、1か月間異国の地で生活していくことができるのか、ホストファミリーと仲良くやっていけるのか、ホストファミリーやインターンシップ先に受け入れてもらえるのか不安でした。でもそれ以上に、見知らぬ地で新しいことに挑戦し、変わっていく自分が楽しみでワクワクしながら「やってやる!」という気持ちでした。

体験談:現地小学校でインターン(大学2年生)

参加する前にはたくさんの不安がありました。私は海外に行くことが初めてだったので、海外に行く、初めて日本を離れるということに不安を感じていました、でもその100倍以上楽しみで、興奮していました。小学校の頃から外国、特にアメリカに憧れていて、テレビの向こう側だった場所についに行けると思うと好奇心が抑えられなかったです。

体験談:車両サービス会社でインターン(大学2年生)

今、海外に少しでも興味があったりする人は、是非海外に出るべきだと私は強く思います。行くまでに準備が必要ではありますが、行ってからはたくさんの経験をもとに、自分自身の成長に繋がると思います。私はロサンゼルスでの海外インターンシップに行き、世界ではこんなにも多様な価値観があり、景色があり、様々な人々がいて、など、自分が今まで暮らしてきた世界の狭さを実感しました。

体験談:語学学校でインターン(大学1年生)

参加した当時は大学1年生で、一般的に実地研修(インターンシップ)を経験する年頃ではなかったため、「まだまだ未熟な自分だけど大丈夫なのか」、「他の参加者との差を感じるのではないか」と心の中で不安に感じていました。しかし、実際に参加してみると年齢などの垣根もなく、他の参加者と対等に接することができ、様々な経験をしたことで、今後の自分がすべきことが明確になったため、貴重な経験になりました。

体験談:文化施設でインターン(大学3年生)

展示内容の歴史や作品を作った方の説明など、当然日常会話とは違うことを伝えなければならないので、とても緊張しました。しかし一生懸命説明していると、説明を聞いて頂いた最後に、「ありがとう」と笑顔で言って下さった瞬間は本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

体験談:テレコミュニケーション事業会社でインターン(大学3年生)

社員の方々からのヒアリングをもとに、海外の方向けにデザインを作成しました。海外の他社サイトを参考に、シンプルな仕上がりを目指してカラーやフォントを配置しました。多くの情報を見やすいように構造を組み立てたり、画像選び、文章作成に苦戦しました。しかし最後にはお褒めの言葉や提案もしていただきとても嬉しかったです。

体験談:寿司シェフ養成学校でインターン(大学4年生)

僕個人としては、このプログラムで得たものはお金では買えないものと言っても過言ではないくらいに、僕の考え方、ひいては人生に影響を与えるものだと考えています。このプログラムでしか出会えなかった人、行けなかった場所、触れられなかった価値観がたくさんあり、少し勇気を振り絞るだけでこんなにも貴重な体験ができるのかと驚きました。

体験談:教育研修企画・運営企業でインターン(課題解決型コース)(大学2年生)

私は、インターンの実施前に比べて、課題発見力、創造力、計画力、発信力そして傾聴力が成長したと実感しています。この力を今所属している学生団体での活動においても活かしたいと思っています。今後の就職活動において、このインターンシップで培った経験を活かせるよう、精一杯取り組みたいです!

体験談:出版社でインターン(大学2年生)

実習中は読者の方に有益で、読むことで実際に行動に移してもらえるような記事を作るように努力しました。そのため、与えられている仕事の意図を意識した上で、記事執筆をする際に自分の入れたい情報があり過ぎたので、情報をどのように選別するのかを努力しました。

体験談:教育研修企画・運営企業でインターン(課題解決型コース)(大学2年生)

課題解決型インターンを選んだ理由はマーケティングって実際はどんなことするんだろうと興味があったことと、チームで1つの目標を達成することに挑戦したかったからです。大学で説明会に参加した際に担当者の方が「どれだけ腹が立ったり、嫌になっても一緒に頑張らないといけない」と仰っていて、そういった困難は今のうちに経験するべきかな?と思いました。

体験談:家具・インテリアデザイン会社でインターン(大学1年生)※動画付

今まで社会人の方々が日頃どう働いているのか見る機会はなく、今回人生で初めて会社のミーティングや営業に同席させていただきました。ミーティングの中ではそれぞれが自分のタスクを確認し、しっかり会社が回るように確認し、お互いの意見やアイデアも言い合いより良い会社作りをしているのが印象に残っています。また営業でも、相手のお客様に合わせたサンプルやカタログを選んでデザインを提案したり、いろんな工夫がされていて勉強になりました。

体験談:旅行会社でインターン(大学2年生)

どの作業にもダブルチェックを欠かさず行っていて、ミスは本当に許されないのだなと感じた。ランチバウチャーやチケット類は金券の扱いなので1枚1枚出す度にエクセルで管理をしてさらにダブルチェックするので、重要な作業だと思った。電話対応はかけてくる相手が誰かわからず、たまに現地の人からかかってきて英語で対応しなければいけなかったのが特に大変だった。

体験談:ホテルでインターン(大学1年生)

どの企業のインターンシップよりも、とにかく新しい出会いが多いです。ビジネス研修では、ライトハウスの社員の方々や、他大学から同じプログラムに参加しているインターン生、ロサンゼルスにある日系企業で働かれる方々、ロサンゼルスの大学に通う大学生、実習先では、社員の方々や、お客様など、本当に毎日が出会いに溢れていました。

体験談:翻訳・通訳サービスで海外実地研修(大学3年生)

研修先が通訳、翻訳の学校も運営していたのですが、自分が作成した授業用教材を後日他のスタッフの方が編集してくださっていたのを見た時に、各タスクのつながりを感じることができ、とても印象深かったです。また、授業の見学もさせていただいていたため、自分が作った教材が実際に使われることを想像するととても嬉しかったです。

体験談:語学学校でインターン(大学3年生)

ウェルカムボードの作成は、慣れないパソコンでの作成はとても大変で難しく、作るのに何日もかかりました。作成したものが部屋に入ってすぐ見えるところに飾られ、完成したものを見ると、なかった時に比べ印象が良くなりやりがいがあったなと感じました。こうして自分が作ったものが、これからずっと飾られて残っていくことをとても嬉しく感じ、またこの仕事を任せてくださったことを感慨深く思いました。

体験談:飲食業界でインターン(大学3年生)

実習期間で1番学んだのは日本とアメリカのレストランの違いです。アメリカのレストランの方がお客様との会話を楽しんで、お客様に満足して帰っていただくことを徹底してるように見えました。呼び鈴がないからこそ店員から積極的にお客様に話しかけにいき、いつでも笑顔で対応していました。

体験談:出版社でインターン(大学2年生)

終日外出なしのデスクワークは想像以上に自由で、何をするか自分で考えるのに苦労しました。普段大学にて、時間割があって決められた教室に行けばとりあえず何もしなくても講義は受けられる。空きコマ以外はスケジュール通りに動く環境にいかに頼っているかを感じ、仕事をする「社会人」と、授業を受ける「大学生」の違いが見えてそこに慣れるのがはじめは大変でした。

体験談:エンタメ企業でインターン(大学1年生)

本当にいろんな人が見えないところで働かれてエンターテイメント業に限らず全てのプロジェクトが成り立っているんだと肌で感じて、作品の受け止め方が大きく変わりました。学校のグループワークや学生団体などには少ない、皆さんの絶対的なコミットメントとコミットしたいと思える職場に感動しました。

体験談:異文化交流を支援する団体でインターン(大学3年生)

言語面での苦労が一番大きかったです。仕事は全て英語で行われるので、聞き取れないときやなんて言えばいいかわからない時があったので苦労しました。印象深かったことは、シンポジウムの運営をやれたことです。会社のCEOの方や、普段合うことが困難な政府関係者にお会いすることができたので、とても貴重な経験になりました。

体験談:IT系企業でインターン(大学1年生)

実習先には様々なバックグラウンドを持つ方々が働いておられて、1人ひとりのお話を聞くだけでも楽しかったです。その際、コミュニケーションは英語で行われることも多かったため、自分のリスニング、スピーキング力の無さに苦労しました。また、社内でメールを書く際には主に英語が使用されるため、最初は苦労しました。

体験談:不動産会社でインターン(大学2年生)

頼まれた仕事に何かを付け加えるとこんなにも喜んでいただけるのかと驚いたのと同時に、これをきっかけに他の方々も私に仕事を頼んでくださるようになり、セッティングされた仕事ではなく、本当に役に立つ仕事をさせて頂いている実感があり、とても嬉しかったです。自分のやり方次第でこんなにもインターンシップが充実したものに変わるのかと肌で感じることが出来、貴重な体験をすることが出来ました。

体験談:旅行会社でインターン(大学1年生)

参加理由は長い春休みを有意義に過ごしたかったということと、就職が航空・旅行業界志望なので、海外のビジネスの現場を知り、将来に活かしたいと思ったことです。さらに、英語が必須な業界なので、英語に実力も上げたいと思ったからです。実習先での日々の主な仕事は、日本からアメリカにツアーでいらっしゃるお客様のフライト情報の入力やホテル情報の確認、資料や備品の整理でした。

体験談:医療関係でインターン(大学2年生)

指示を受ける前に自分から動くことは常に心がけました。初日に動き方を教えていただいたので、メモしたことを復習し、次の日には全て頭に入れるようにして毎日1つでも新しいことをできるようにしていました。あとは、英語onlyの患者さんを不安にさせないよう英語で対応できるよう心がけていました。英語が特別できるわけではなかったので、今の自分ができることを率先して行うことでカバーしたいと思っていました。

体験談:ビジネス研修のみに参加してみて(大学2年生)

現在アメリカで働いている日本人の方々と交流するキャリアフォーラムが印象深かったです。6名の方の話を聞きましたが、それぞれ、渡米のきっかけや渡米した時の年齢が違っていたので、キャリアフォーラムを通して、自分の将来についてもっと柔軟に考えてもいいんだなと思いました。

体験談:家具・インテリアデザイン会社でインターン(大学2年生)

正直言うと、このプログラムはほかの人に教えたくないくらいに良いプログラムです‼ 少し勇気を出してみるだけでこんなにも世界が広がり、自分の考え方もより多角的に物事を見ることができるようになります。夢が決まっていなくても、ちょっとでも興味があるのならぜひ一回参加してみるべきだと強く思います‼

体験談:アパレルショップでインターン(専門学校1年生)

10:30にお店をオープンし、お客様が来たら明るく挨拶をし、何気ない会話をしながらお客様が楽な気持ちで買い物ができるよう担当者の方と一緒にサポートしました。お客様がいない時間は全て、洋服に触れている時間。陳列を変えたり、ハンガーメンテナンスをしたり、入ってきた商品を検品したりしていました。

体験談:語学学校でインターン(大学3年生)

日々の仕事は、教科書のコピー、テキストやプリントの配布、本棚・棚の整理、物置の掃除、アクティビティの引率、卒業パーティーの企画・運営、授業に参加し、講師へのフィードバックと報告書の作成、入学願書の記入の補助など。生徒からしたら、いきなり来た外国人スタッフ。その中で生徒や職場の人たちとコミュニケーションをとり、信頼を得ていくことが難しかった。しかし、そこから自分の任された仕事に「付加価値」をつけていくことの大切さを学ぶことが出来ましたし、達成感を感じることが出来ました。

体験談:会計事務所でインターン(課題解決型コース)(大学1年生)

難しすぎる課題を与えられ、何から考えたらいいのか頭の中が‟?“で埋め尽くされ、仮病を使って休みたいと思うほどつらかった。勇気をもって社員の方に質問し、その解決策の糸口を元に、現地不動産会社などに(たどたどしいながらも)英語で尋ねていくうち、‟?”が‟!“に変わる感覚を味わった!振り返ると、最初はイヤで仕方なかった仕事を、その時の一歩を踏み出す僅かな勇気と行動力で楽しみに変えることができたのだと気づけた。問題解決能力の向上にも繋がった。

体験談:語学学校でインターン(大学1年生)

実習先の仕事は、事務全般と「より多くの日本人学生を増やすためのアイディア」について、英語でプレゼン!自分がまだ学生であるからこその意見を伝えました!任された仕事をこなすだけでなく、わかりやすいように資料を作成したり、モノを取りやすいように整理したり、何かひと工夫を加えて仕事するようにしました。

体験談:ラジオ局でインターン(大学3年生)

動画編集の時、日本のバラエティ番組を思い出して‟どの言葉をテロップで出したら面白いか“など、自分なりに考えて作ったものを企業の方に褒めていただいたことが印象的でした!また、取引先への同行などの移動中、企業の方との会話の中で新たな発見や勉強させていただくことがあり、それらは自分の就活や考え方にもすごく影響しており、ありがたく思っています。

体験談:飲料メーカーでインターン(大学3年生)

実習先での仕事は、商品デリバリー同行/注文受け付け、資料整理、インボイス(請求書)整理、販売店舗の訪問とヘルプ、店頭DEMO販売(もちろん英語で現地人に接客!)、新商品プロジェクト同席、ラベル・パッケージ、デザイン会議出席、毎日のレポート提出などでした。

体験談:会計事務所でインターン(課題解決型コース)(大学3年生)

それまでの自分は自身の偏ったイメージのみで物事を判断していたが、自分たちで実際に様々な統計データを集めていく中で、一つの事柄に対して様々な角度の視点から見ることができるようになり、理にかなった思考プロセスで物事を徐々に考えられるように成長した。一方街頭アンケート調査は150人に行ったが、場所により殆ど応じてもらえないこともあり、大変だった。